美酒鍋

広島県で作られる宴会料理で「びしゅなべ」「びじょなべ」と読みます。鶏もも肉、砂肝、豚バラ肉が入り、酒だけで煮て、味付けは塩コショウのみと特徴的な鍋。

特集
調理時間
レシピ制作: 
材料 ( 2 人分

鶏もも肉1/2枚
砂肝120g
豚バラ肉(薄切り)100g

<調味料>

  ゴマ油大さじ1
  ニンニク(薄切り)1片分
  小さじ1弱
  コショウ少々
厚揚げ1/2個
白菜2~3枚
ニンジン2~3cm
白ネギ1/2本
エノキ1/2袋
200ml
粗びき黒コショウ(お好みで)少々
2個

メモお買い物メモ
ジャンル:
和食 / 鍋もの
種別:
主菜

下準備

  • 鶏もも肉は3~4cm角に食べやすく切る。豚バラ肉は幅4~5cmに切る。砂肝は半分に切り離してから、5mmくらいにスライスする。

  • 厚揚げは熱湯をかけて油抜きし、幅1cmに切る。白菜は根に近い白い部分を短冊に、葉の青い部分をザク切りにする。

  • ピーマンはヘタと種を取り除き、せん切りにする。ニンジンは皮をむいてせん切りにする。白ネギは斜め幅5mmにスライスする。エノキは石づきを取りほぐす。

作り方

  1. 1

    鍋に<調味料>のゴマ油とニンニクを入れ、中火にかける。香りが出たら、鶏もも肉、砂肝、豚バラ肉を入れ、表面が白くなるまで炒める。塩、コショウをし、一度鍋から取り出す。

  2. 2

    (1)の鍋に、厚揚げ、白菜、ピーマン、ニンジン、白ネギ、エノキを入れ、肉から出た水分と馴染ませる。

  3. 3

    (2)の上に(1)の肉をのせ、酒を入れて蓋をして蒸し煮にする。

    酒は水分蒸発が早いので、必ず蓋をしましょう。水分が少なかったら、分量外の酒を少し足します。

  4. 4

    野菜が柔らかくなったら、仕上げに粗びき黒コショウを振る。卵を割りほぐし、お好みで鍋の具材を付けて食べる。

このレシピのポイント・コツ

・もとは酒蔵のまかないとして食べられていた鍋。お酒は日本酒がおいしいですが、料理酒でも大丈夫です。アルコールが飛ぶので、お子様やアルコールの弱い方でも安心して召し上がれます。

みんなのおいしい!コメント

コメントはまだありません。
リストに追加ファンになる

現在のファン数193

金丸 利恵
レシピ制作 金丸 利恵

( ブログ

おうちごはん研究家、管理栄養士、スパイスコーディネーター
フードサービス業界でレシピ開発やイベント企画を担当し、メタボ予防の相談員として活躍。簡単で美味しい料理を提案している。

金丸 利恵制作レシピ一覧

最近見たレシピ

    最近見たレシピの一覧

    ピックアップ

    最新の おいしい!

    ウーマンエキサイト特集

    ピックアップ

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

    Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.