料理家が考えた食材使い切りのラクうま献立 3日分の買い物リスト付き!

ウドとエビのチーズ焼き

切り方を変えるだけで味わいも変化。特有の香り・歯触りを楽しんで下さい。

特集
調理時間
レシピ制作: 
中島 和代
材料  ( 2 〜 3 人分

ウド

(栽培もの)1本
  

少々

エビ

(大)6尾
  

小さじ2
  

片栗粉

大さじ1~2

メモお買い物メモ
ジャンル:
洋食 / 焼きもの、オーブン料理
種別:
主菜
公開日:
2012/03/26
更新日:
2015/10/05

作り方

  1. 1

    ウドは長さ4~5cmに切り、厚めに皮をむく。

  2. 2

    皮をむいた(1)のウドは斜め2~3つに切り、酢水に放って5~6分置き、水気をきる。

  3. 3

    エビは殻と背ワタを取り、塩をもみ込むようにからめる。さらに生臭い汁を片栗粉に吸わせるようにもみ込み、水洗いする。熱湯でゆで、ザルに上げる。

  4. 4

    フライパンにバターを入れて中火にかけ、ウドを少し透き通るまで炒める。さらにエビも加えて炒め合わせ、隠し味程度にしょうゆを加える。

  5. 5

    オーブントースターを予熱し始める。耐熱容器に(4)を入れ、ピザ用チーズをかけて予熱したオーブントースターに入れ、チーズが溶けたらでき上がり。

このレシピのポイント・コツ

・ウドは、アクや香りの強い山ウドと、アクや香りがマイルドな栽培されている白ウドがあります。山菜の中でもアクが少なく、ほのかな苦さとコクがあるのが特徴です。最近は出荷前に白ウドを日光に当て、香りを強くしている場合もあるそうです。ウドの皮はアクが強いので厚めにむき、その後、酢水に放ちます。皮も一緒に酢水に放ってアクを抜き、きんぴらにすると皮もおいしく食べる事ができます。サラダ、天ぷらや炒め物、和え物、吸物の具等として、酢水でアク抜きしただけでおいしくいただけます。採ってから時間が経った香りの強い物の場合は、サッとゆでて下さい。ここでは、栽培の白ウドとエビをバターで炒め、チーズでコクの幅をもたせた味付けの中で、春の苦みを楽しめるレシピです。また、栄養的にはあまり特徴はありませんが、自律神経を調整したり、老化防止に役立つ有効成分を含むと言われています。
リストに追加ファンになる

現在のファン数975

中島 和代
レシピ制作 中島 和代

( 書籍

家庭料理研究家
京都・清水焼窯元の生まれ。主婦の目で捉えた料理レシピは、プロアマ問わず多くのファンに支持される。食をテーマに幅広く活躍。

中島 和代制作レシピ一覧

関連キーワードからレシピを探す

最近見たレシピ
    最近見たレシピの一覧

    みんなのおいしい!コメント

    コメントはまだありません。

    最新の食コラム

    もっと見る
    ピックアップ
    最新のおいしい!

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

    アプリ版
    「E・レシピ」で、

    毎日のご飯作りが
    もっと快適に!

    E・レシピアプリ

    画面が
    暗くならないから
    調理中も
    確認しやすい!

    大きな工程画像を
    表示する
    クッキングモードで
    解りやすい!

    E・レシピアプリ 作り方

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

    最近見たレシピ