料理家が考えた食材使い切りのラクうま献立 3日分の買い物リスト付き!
人気 30+ おいしい!

ふわふわ!三種のつくね照焼き

豆腐が入ったつくねに3種類のトッピングが楽しい。甘辛のタレはおつまみの定番の味です。

特集
調理時間
レシピ制作: 
中島 和代
材料  ( 2 人分

<タネ>

  

鶏ひき肉

300g
  

豆腐

(絹ごし)1/8丁
  

ネギ

(刻み)大さじ4
  

ショウガ

(みじん切り)1片分
  

卵黄

1個分
  

少々
  

片栗粉

大さじ1.5

サラダ油

小さじ2

<タレ>

  

大さじ2
  

みりん

大さじ1
  

砂糖

大さじ3
  

しょうゆ

大さじ4

梅肉

大さじ1

大葉

2~3枚

メモお買い物メモ
カテゴリ:
豆腐料理  /  つくね
ジャンル:
和食 / 焼きもの
種別:
副菜
公開日:
2009/06/22
更新日:
2019/05/26

作り方

  1. 1

    <タネ>の材料をボウルに合わせて、粘りがでるまでしっかり手で混ぜ合わせる。分量外のサラダ油を薄く手につけ、<タネ>を6つに分けて細長い楕円に形を整える。大葉は細切りにして水に放ち、水気を絞る。スライスチーズは半分に切る。

  2. 2

    フライパンにサラダ油を薄くひき、1を重ならないように並べて中火にかけ、焼き色がつくまで3分くらい焼く。ひっくり返して反対側を2分焼く。フライパンの蓋をして弱火で2分蒸し焼きにし、中まで火を通していったん取り出す。

  3. 3

    フライパンに<タレ>の材料を加え、中火で少しトロミがつくまで煮詰める。2を戻し入れ、全体にからめる。4個は取り出し、残り2個にスライスチーズをのせて、フライパンの蓋をし、チーズが溶けるまで火を入れる。

  4. 4

    つくねに串を打ち、器に盛る。タレをからめた2個には梅肉をのせ、残り2個には大葉をのせる。

リストに追加ファンになる

現在のファン数973

中島 和代
レシピ制作 中島 和代

( 書籍

家庭料理研究家
京都・清水焼窯元の生まれ。主婦の目で捉えた料理レシピは、プロアマ問わず多くのファンに支持される。食をテーマに幅広く活躍。

中島 和代制作レシピ一覧

最近見たレシピ
    最近見たレシピの一覧

    みんなのおいしい!コメント

    最新の食コラム

    もっと見る
    ピックアップ
    最新のおいしい!

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

    アプリ版
    「E・レシピ」で、

    毎日のご飯作りが
    もっと快適に!

    E・レシピアプリ

    画面が
    暗くならないから
    調理中も
    確認しやすい!

    大きな工程画像を
    表示する
    クッキングモードで
    解りやすい!

    E・レシピアプリ 作り方

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

    最近見たレシピ