肉じゃがやポテサラが大変身! 揚げない「ジャンボコロッケ」【今日の時短ごはん Vol.68】

 

こんにちは。料理研究家の越野美樹です。
じゃがいものおいしい季節。肉じゃがやポテトサラダを、つい作りすぎてしまった時のリメイクにオススメの「ジャンボコロッケ」をご紹介します。

子どもたちに人気のコロッケは、下ごしらえが大変ですが、スキレットや小さめのフライパンに入れて焼けば、ノンフライでホクホクコロッケが作れますよ。



じゃがいもは手軽な価格で手に入り、日持ちもするのでキッチンの定番野菜の代表格ですね。そうは言っても、保存の仕方によってはしなびてしまったり、食感が悪くなってしまうことがあります。

じゃがいもに土がついてたら落とし、一つ一つ新聞紙に包んで風通しの良い常温で保存するのが◎。日の当たる場所に置くとじゃがいもの皮が緑色になり、天然毒素であるソラニンチャコニンが多く含まれてしまいます。

じゃがいもを包まずに冷蔵するとシワシワになってしまうので、注意してくださいね。

© Sea Wave - stock.adobe.com



今回ご紹介する「ジャンボコロッケ」は、肉じゃがからリメイクしてみました。常備菜を作りたいけれど、子どもに2食続けて同じおかずを出すと「またこれ~?」と人気がなくなり、結局あまってしまいますよね。

フライパンに油を敷いて残った肉じゃがを入れ、フライパンで炒ったパン粉をのせて焼くだけでコロッケの食感に変身!今回は肉じゃがからリメイクしましたが、ポテトサラダマッシュポテトカレーで残ったじゃがいもなどからも作れます。

■ジャンボコロッケ

調理時間15分



レシピ制作:藤野料理教室にじ 越野美樹


<材料>作りやすい分量

肉じゃが 300g
パン粉 大さじ3
菜種油 大さじ1

次ページ :  <作り方> 1、スキレットにパン粉と菜種油を入れ…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年7月23日今日の献立

煮魚がメインの定番の和定食を、夏野菜を使ってアレンジしました。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.