1. E・レシピ >
  2. 特集 >
  3. 夜遅くに帰っても胃にやさしい薬膳レシピ >
  4. カボチャのパスタ入りミネストローネのレシピ・作り方

カボチャのパスタ入りミネストローネのレシピ・作り方

甘くてホッと落ち着くスープです。おなかを温める効果のあるカボチャで、冷房による冷えやだるさを緩和します。

特集
調理時間
レシピ制作: 
山下 和美

下準備

  • カボチャは種とワタをとって1cm角に切る。

  • キャベツは1cm角に切る。

  • 玉ネギは粗めのみじん切りにする。

  • サヤインゲンは軸側を少し切り落とし、長さ1cmに切る。

  • プチトマトはヘタを取り除く。

  • ニンニクは縦半分に切って芽を取り、みじん切りにする。

  • ベーコンは1cm幅に切る。

作り方

  1. 1

    鍋にオリーブ油、ニンニクを入れて強火にかけ、香りがたってくればベーコン、カボチャ、キャベツ、玉ネギを加え炒め合わせる。

  2. 2

    野菜がしんなりしたら水と固形スープの素を加え、煮たったら火を弱めて10分煮込む。

  3. 3

    サヤインゲン、プチトマト、ショートパスタを加え、袋の指示通りの時間煮て、塩コショウで味を調える。

  4. 4

    器に盛りつけ、粉チーズを振る。(ヒント)出かける前に下準備と作り方(1)、(2)を済ませておくと便利です。

このレシピのポイント・コツ

・[カボチャ]夏が旬のカボチャ。夏野菜には体を冷やすものが多いですが、カボチャはお腹を温めて、“気”を補い、消化・吸収を促進します。だるい時にぴったりの食材です。
・[キャベツ]胃腸の働きを助けます。“食べる胃腸薬”とも言われ、胃もたれや胃痛に効果があります。
・[サヤインゲン]お腹を温めて、“気”を補い、消化・吸収を促進します。 利尿作用があり、むくみにもよい食材です。
リストに追加ファンになる

現在のファン数562

山下 和美
レシピ制作 山下 和美

フードコーディネーター
自身の体調から「何を食べるか」を意識し、漢方、薬膳、メディカルハーブを学ぶ。漢方養生指導士も取得。

山下 和美制作レシピ一覧

最近見たレシピ
    最近見たレシピの一覧

    みんなのおいしい!コメント

    コメントはまだありません。

    最新の食コラム

    もっと見る
    ピックアップ
    最新のおいしい!

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

    アプリ版
    「E・レシピ」で、

    毎日のご飯作りが
    もっと快適に!

    E・レシピアプリ

    画面が
    暗くならないから
    調理中も
    確認しやすい!

    大きな工程画像を
    表示する
    クッキングモードで
    解りやすい!

    E・レシピアプリ 作り方

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

    最近見たレシピ