カレー味のおから!? 「コーン入りカレーおから」が主役級のおいしさ!

 

最近、町の豆腐屋さんを訪ね歩いて豆腐やおからを買うのが楽しみです。ところで、おからはどうやって作られたものかご存知ですか?

豆腐を作る過程で、煮た大豆から豆乳を搾ります。その搾りかすがおから。「搾りかす」といっても大豆ですから、たんぱく質脂質を含み、食物繊維微量栄養素もとれるので、子どもにも積極的に食べてほしい食品です。

© kei u - stock.adobe.com


袋に入っているときは少なく見えますが、出すとふわふわとかさが出ます。

先日、町で見つけた生おからは、1袋40円! これを使わない手はありません。生おからは水分を多く含んでいるので、賞味期限が3日ほどと短め。今回は買った日にすぐ作れる、スピードおからレシピを紹介します。

■「コーン入りカレーおから」レシピ

和風の味つけだと「物足りない」という子のために、ひき肉と一緒に炒め、カレー風味に仕上げた“変わりおから”です。包丁の出番は、マイタケを切るところだけなので、忙しいママでも気軽に作れます。

具材が少ないので、マイタケは2パック分たっぷり入れるのがおいしさのポイントです。


<材料>※作りやすい分量で

豚ひき肉 500g
生おから 1袋(270g)
マイタケ 2パック
冷凍コーン 1カップ
米油(またはサラダ油) 大さじ2
カレー粉 大さじ1強
あら塩 小さじ1/2
しょうゆ 4滴
水 50~80ml

<作り方>
1、マイタケは細かく刻む。

2、フライパンに油を入れて中火にかけ、豚ひき肉をポロポロになるまで炒める。

3、2のフライパンにマイタケを加えて炒める。なじんできたらおからを3回くらいに分けて加え、木ベラで大きく混ぜながら炒め合わせる。鍋底が焦げてきたらこそげ取りながら炒める。


4、カレー粉と塩を加えて混ぜる。弱火にして全体が黄色くなったらコーンを加えて炒め、しょうゆをたらす。途中、水を3回くらいに分けて加える。

豚ひき肉から出た油をおからにまとわせれば、満足感アップ! 肉の旨みとカレー風味が後を引くおいしさです。

【保存期間】
・冷蔵:3~4日
・冷凍:3週間(保存袋に入れて冷凍保存)

おからは大皿に盛ると取りづらい子もいるかもしれません。ラップで包んで小判形にまとめ、ケチャップをつけてもOK。遊んだ後、お腹が空いているときにパクっと食べさせてもいいですね。



今回の「肉おから」の具材は、冷凍コーン・マイタケ・ひき肉の、下ごしらえ不要の組み合わせにしました。ほかにも、冷凍枝豆にんじんのせん切りを入れてもカラフルです。いろいろな組み合わせでお試しください。


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年7月18日今日の献立

南蛮漬けにゲソの炒め物、奴を添えた、お家居酒屋メニュー!

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ