弱火でコトコト不要、放置するだけで味がしみ込む絶品おでんを作る方法

 

寒い時期のごちそうの代表格といえば「おでん」。体の芯から温まりますよね。そんなおでんを短時間の加熱で簡単においしく作る方法をご紹介します。その方法はズバリ「保温調理」。最近はお弁当用の保温ジャーも人気なので認知度も高いと思いますが、今回使うのは家で使う少し大きめの保温調理器です。

弱火でコトコト不要、放置するだけで味がしみ込む絶品おでんを作る方法
夜におでんを煮始めて保温し、次の日の朝まで放置するだけで、よくしみた大根にこげてない玉子の絶品おでんができ上がります! 最初の直火加熱が終わればガスはもちろん、電気も使わないので安全でエコな調理法です。

大まかな工程は、1.保温調理鍋で大根を煮る→2.味付けをし、そのほかの具材を加えて沸騰させる→3.そのまま保温で4時間放っておけばできあがり! それではレシピです。

<材料>大根:皮をむいて2cm厚さの半月切りにしたもの1/4本分
水:大根が漬かるくらい
おでん種付属のだしのもと
おでん種(小):それぞれを半分に切る
ゆで卵:2個
しょうゆ:適量
みりん:適量
塩:適量

次ページ :  1.保温鍋の内鍋に大根を入れ、火にかけて沸…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年1月21日今日の献立

手作りのクラッカーはスープに浸しても、カルパッチョをのせて食べてもおいしいです。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ