愛あるセレクトをしたいママのみかた

玉ねぎは冷凍したほうが甘くなる?正しい保存方法を身につけて時短料理!

 

玉ねぎは冷凍保存しても栄養価が変わらず、甘みがアップすると言われています。正しい冷凍保存を行えば、玉ねぎをおいしく食べられるだけでなく保存期間も伸ばすことが可能です。また、冷凍玉ねぎは時短料理につながるのも嬉しいポイント。冷凍玉ねぎを作って、日々の料理に役立てていきましょう。

©︎https://www.photo-ac.com/




目次 [開く][閉じる]

■玉ねぎは冷凍できる?

野菜には、冷凍保存できる種類とできない種類があります。冷凍できない種類を冷凍庫に入れると、品質が悪くなってしまう場合があるので気をつけましょう。それでは、玉ねぎは冷凍保存ができるのでしょうか。冷凍すると、どのような状態になるのかも含めて紹介します。

・生でも加熱後でもOK


©︎https://www.photo-ac.com/


玉ねぎは、基本的に冷凍可能です。もともと保存期間が長い玉ねぎですが、冷凍することでさらに保存期間が長くなるのが嬉しいポイント。1ヶ月程度日持ちするので、たくさん玉ねぎを手に入れた場合や、すぐに玉ねぎを使わないという場合に役立ちます。また、生の状態はもちろんのこと、熱を加えた後の玉ねぎも冷凍保存できます。好みに合わせた方法で冷凍することで、調理で活用しやすくなるでしょう。使用用途も考えながら、ぴったりな方法で玉ねぎを冷凍してみてください。

・しゃきしゃきとした食感は損なわれる


©︎https://www.photo-ac.com/


玉ねぎを冷凍する上で気をつけておきたいのが、食感です。冷凍することで繊維が壊れやすくなり、しゃきしゃきとした食感はなくなります。玉ねぎの食感を活かした料理を作りたい時は、冷凍玉ねぎではない方が良いでしょう。煮込み料理や炒め物など、玉ねぎのしゃきしゃきとした食感がなくてもおいしく食べられる料理に使うのがおすすめです。

■玉ねぎの冷凍方法【用途別】

©︎https://www.photo-ac.com/


続いては、玉ねぎの冷凍方法について詳しく見ていきましょう。玉ねぎの冷凍保存にはいろいろな方法があります。用途に合わせて冷凍保存することで、玉ねぎ料理のレパートリーが広がるはず。代表的な冷凍方法について紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

・みじん切り冷凍


©︎https://www.photo-ac.com/


ハンバーグのタネに入れたり、ドレッシングに使ったりする場合におすすめなのが、みじん切り玉ねぎの冷凍です。みじん切りにした玉ねぎを冷凍しておけば、使いたい時にすぐに使えて便利なのが魅力ですよ。多めにストックしておくことで、料理に対するハードルが低くなるはずです。

まずは、好みの細かさになるように玉ねぎをみじん切りにします。続いて、一食分のみじん切り玉ねぎをラップで小分けにしてください。保存袋に密閉したら完了です。また、みじん切りにした玉ねぎをそのまま保存袋に入れる方法でも冷凍できます。その場合は、菜箸で筋をつけておくと良いでしょう。一食分になるように筋をつけておくと、冷凍状態でも簡単に切り分けられます。

・丸ごと冷凍


©︎https://www.photo-ac.com/


玉ねぎは、丸ごと冷凍して料理に使うこともできます。丸ごと玉ねぎ入りのスープなど、煮込み料理に活用するのがおすすめです。玉ねぎがたくさん手に入った場合も、丸ごと冷凍であれば手間がかかりません。

最初に、玉ねぎの皮を剥いてから上と下の部分を切り落とします。切り落とした上下に、十字の切り込みを入れましょう。切り込みの深さは、1cm程度が目安です。切り込みが入っていると、玉ねぎに味が染み込みやすくなります。切り込みを入れた玉ねぎはラップで包み、保存袋に入れます。冷凍庫に入れたら作業は完了です。

・スライスして冷凍


©︎https://www.photo-ac.com/


生姜焼きやカレーライスなどに使う場合は、玉ねぎをスライスして冷凍しておくと便利です。玉ねぎの皮を剥いたら半分にカットし、好みの厚さにスライスしましょう。スライスした玉ねぎをラップで包んで小分けにし、保存袋に入れます。あとは冷凍庫に入れるだけで完了です。

・オニオンキューブを作る


気軽に玉ねぎの栄養を取り入れられる方法として人気を集めているのが、オニオンキューブです。スープや煮込みの中に入れるだけで、玉ねぎの甘みを感じられる料理に仕上げられます。たくさん作ってストックしておくと、栄養満点な食生活に役立つのではないでしょうか。

玉ねぎは皮を剥き、上と下の部分を切り落とします。十字に切り込みを入れたら、耐熱容器に入れてラップをかけてください600Wの電子レンジで20分加熱し、ミキサーに入れます。この時、玉ねぎから出た水分もミキサーに入れるのがポイントです。1カップの水を加えたらミキサーのスイッチを入れます。全体がトロッとするまでミキサーにかけ、製氷皿に流し入れましょう。冷凍庫でしっかりと冷やし固めたら、製氷皿からオニオンキューブを取り出します。保存袋に入れ、再び冷凍庫に戻したら完了です。

・冷凍保存期間の目安


©︎https://www.photo-ac.com/


みじん切りやスライス、丸ごと冷凍した場合の保存期間は1ヶ月程度です。1ヶ月もあれば、たくさん玉ねぎがある場合でも消費できそうですね。また、オニオンキューブの冷凍保存期間は2ヶ月程度です。より長く保存したい場合は、オニオンキューブにしておくと良いかもしれません。

■玉ねぎは冷凍保存がおすすめな理由

©︎https://www.photo-ac.com/


玉ねぎを冷凍保存すると、どのような良いことがあるのでしょうか。冷凍玉ねぎをおすすめしたい理由についてまとめました。冷凍保存のメリットを把握して、食卓に活かせるようにしていきましょう。

・調理時間の短縮


©︎https://www.photo-ac.com/


玉ねぎのみじん切りやスライスは、思った以上に時間がかかります。時間がある時にまとめてカットし、保存をしておけば調理時間の短縮につなげられるのが冷凍玉ねぎの魅力です。また、玉ねぎは冷凍することで繊維が壊れるので、加熱時間を短縮できます。玉ねぎにすぐ火を通したい場合も、冷凍保存が役立つでしょう。

・栄養価が落ちない


©︎https://www.photo-ac.com/


「玉ねぎを冷凍すると、栄養価が下がってしまうのでは?」と心配する方もいるかもしれませんが、玉ねぎを冷凍しても栄養価は変わりません。玉ねぎに含まれている栄養はそのままに、冷凍保存が可能です。玉ねぎには、体に良い成分が多く含まれていると言われています。健康的な食生活のために取り入れてみてはいかがでしょうか。

・甘みが凝縮される


©︎https://pixabay.com/


玉ねぎは冷凍することで、さらにおいしくなります。甘みがギュッと濃縮され、濃厚な味わいを楽しめるのが冷凍玉ねぎの良いところです。甘みを生かしたいミートソースやポテトサラダにもピッタリなんですよ。

・飴色の炒め玉ねぎが時短調理できる


©︎https://www.photo-ac.com/


飴色玉ねぎというと、何時間もかけて作るイメージがありませんか?気軽に飴色玉ねぎを作りたいときは、冷凍保存をするのがおすすめです。玉ねぎは冷凍することで水分が飛びやすくなり、あっという間に飴色になります。5分程度で飴色玉ねぎになるので、ぜひ試してみてください。

カレーや煮込み料理など、飴色玉ねぎを入れることで風味がアップする料理はたくさんあります。普段の料理を格上げする隠し味として、飴色玉ねぎを活用してみましょう。

■冷凍した玉ねぎの解凍方法

©︎https://www.photo-ac.com/


冷凍した玉ねぎの解凍方法はとても簡単です。使いたい時にすぐ取り入れられるので、冷凍玉ねぎは普段の料理で大活躍してくれるでしょう。続いては、基本的な解凍方法を紹介について紹介します。

・自然解凍する


使う前日に冷凍庫から冷蔵庫に移し、自然解凍します。一晩で半解凍くらいになるでしょう。次の日に玉ねぎ料理の予定がある際には、冷蔵庫に移すのを忘れないようにしてください。

・電子レンジを使う


©︎https://www.photo-ac.com/


「急に玉ねぎを使うことになった」「解凍時間に時間をかけていられない!」という場合は、電子レンジを使います。玉ねぎを電子レンジに入れ、解凍モードにかければOKです。この方法なら、解凍に時間がかかりません。

・解凍後は加熱調理をするのがおすすめ


解凍後の玉ねぎは、加熱をした方がおいしく食べられます。冷凍玉ねぎは食感が失われているため、生のまま使うと「おいしくない」と感じてしまうかもしれません。炒め物や煮込み料理など、加熱調理をするのがおすすめです。

■冷凍した玉ねぎのおすすめレシピ

©︎https://www.photo-ac.com/


冷凍した玉ねぎを、いろいろなレシピにアレンジしてみませんか?ちょっとした工夫をすることで、玉ねぎ料理のレパートリーをぐっと増やせます。おすすめレシピをチェックして、玉ねぎ料理を楽しみましょう。

・飴色玉ねぎ


普段の料理を格上げしてくれるのが、飴色玉ねぎです。解凍した冷凍玉ねぎをフライパンに入れ、中火〜強火にかけます。ヘラを使って全体を混ぜつつ、5分程度炒めましょう。徐々に玉ねぎの色が変わっていきます。しっかりとした飴色になったら完成です。

ただし、冷凍した玉ねぎを使った飴色玉ねぎの場合は、再冷凍できないので気をつけてください。再冷凍することで品質が損なわれる可能性があるので、食べ切れる分だけの飴色玉ねぎを解凍するようにしましょう。

・スープ系・煮込み


©︎https://www.photo-ac.com/


オニオンスープや肉じゃがなどの煮込み料理に冷凍玉ねぎを使うのも、おすすめです。スープや煮込み系なら、冷凍玉ねぎを解凍することなく、そのまま鍋に入れればOK。鍋の中で自然に解凍されていきます。スープや煮込みに野菜をプラスしたいと思った場合は、気軽に冷凍玉ねぎを入れてみてはいかがでしょうか。

・炒め物


©︎https://www.photo-ac.com/


冷凍玉ねぎは素早く火が通るので、炒め物に使うと時短調理につながります。炒め物に使う時は、あらかじめ解凍しておきましょう。半解凍くらいの状態でフライパンに入れ、炒めます。野菜炒めや生姜焼きなど、お好みの炒め物に玉ねぎをプラスしてみてください。

・ハンバーグ


©︎https://www.photo-ac.com/


冷凍した玉ねぎは甘みが濃縮され、ワンランク上のハンバーグを作れるのが嬉しいポイントです。まずは、解凍したみじん切りの玉ねぎをフライパンで炒めて冷ましておきましょう。ハンバーグのタネを作り、そこに玉ねぎもプラスします。しっかりと混ぜてから小判型に形を整え、フライパンで両面を焼いてください。少量の水を加えて蓋をし、蒸し焼きにしたらハンバーグのできあがりです。

■玉ねぎは冷凍しておいしく食べよう!

©︎https://www.photo-ac.com/


玉ねぎは冷凍しても栄養価が変わらず、甘みが濃縮されるのでおいしく食べられます。多めにストックしておけば、すぐに使えるので時短調理につながるのも魅力です。玉ねぎを購入したときは冷凍して、おいしくいただいてみませんか?
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年10月21日今日の献立

ボリューム満点の丼に、ヘルシーな副菜、お手製のデザート、サッと出来上がる献立です。

この記事のライター
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ