カラダの芯からポカポカ 「キャベツと白菜の野菜酒粕鍋」

 

寒い冬、ストーブやこたつで温まるのもいいけれど、やっぱり、食べ物でカラダの中から温まるのが一番!
美肌効果も期待できる酒粕を使ったお鍋で、ポカポカ女子会しませんか?

酒粕は搾りかすだから栄養がないのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。たんぱく質や、炭水化物、食物繊維やビタミンなどの栄養がたっぷり含まれています。しかもなんと、酒粕にはシミの原因となるメラニン色素を抑える働きが期待できるそうです。また、食物繊維やオリゴ糖が腸内環境を整える働きもしてくれます。

お鍋なら野菜もたっぷり摂れますし、良いことづくしですね!

■キャベツと白菜の野菜酒粕鍋

調理時間 30分


レシピ制作:中島 和代



<材料 2~3人分>
キャベツ 1/4個
白菜 1/8個
ニンジン 1/4本
白ネギ 1本
シメジ 1パック
<合わせだし>
 だし汁 400~500ml
 酒 150ml
 みりん 大さじ2
 塩 適量
 白みそ 大さじ5~6
 酒粕 150~180g
だし汁 100m
<薬味>
 ミツバ(刻み) 大さじ6
 一味唐辛子 少々

(※)だし汁の作り方はこちら↓をご参照ください。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/16419e06c7dc88fc1ce805529b019425.html

<下準備>
・キャベツ、白菜は水洗いして長さ4cmくらいに切り、鍋に縦に入れる。


・ニンジンは皮をむいて短冊切りにし、キャベツや白菜の間に適当にはさむ。

・白ネギは長さ4cmくらいに切り、キャベツや白菜の間に適当にはさむ。

・シメジは石づきを切り落とし、小房に分ける。

・<合わせだし>の材料をミキサーでかくはんし、ペースト状にする。

<作り方>
1、鍋に<合わせだし>を入れてだし汁100mlを縁から流し入れ、蓋をして火にかける。煮たってきたら火を少し弱め、白菜がしんなりするまで約10分煮る。さらにシメジを加えて3~4分煮る。※<合わせだし>は一部取り置き(具が入る分取り置く)、具を煮ながらだし汁が減った分だけその都度足して下さい。


2、火の通った物から、だし汁と一緒に取り鉢に取り分け、<薬味>のミツバをたっぷり加えて、一味唐辛子を振っていただきます。※ミツバの代わりにセリでもおいしいですよ。お好みで、最後にうどんや中華麺を入れてもおいしいです!


豚肉や鮭など、お好きな肉や魚を入れてもいいですね!


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年1月21日今日の献立

手作りのクラッカーはスープに浸しても、カルパッチョをのせて食べてもおいしいです。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ