皮まで美味しく! 栄養豊富な「鮭の南蛮漬け」

 

果物でも野菜でも、皮に栄養があると言われていますが、魚に関してもそれは同じ。レパートリー豊富で食卓に並びやすい鮭も、皮を食べるのと食べないのとではとれる栄養は大きく違います。

例えば、鮭に含まれるDHAEPAビタミンEカルシウムといった栄養素は、皮を食べないと約25%ほども減少してしまいます。

DHAやEPAという成分は、血流をよくしたりアレルギー症状を和らげたり、脳の発達にも関わると言われています。またビタミンEには強いアンチエイジング作用が期待できるそう。大人も子どもも、皮まで残さず食べたいものですね。

ただ、焼鮭のように皮がパリパリなら食べられるけど、柔らかい状態だとおいしく感じない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでご紹介したいのが「鮭の南蛮漬け」

鮭の皮は焼き色がつくまでしっかり焼くと、たとえ柔らかくなっても臭みはなく、香ばしさを感じて食べやすくなります。酢を使うことで臭みはさらに気にならなくなりますよ。

■鮭の南蛮漬け


レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料>※作りやすい分量
生鮭 2-3枚
<A>
 塩 少々
 薄力粉 小さじ2
 ごま油
長ねぎ 1/2本
にんじん 3cm(30g)
<南蛮酢>
 酢、水 各50ml
 みりん、醤油 各大さじ2
 砂糖 大さじ1

<作り方>
1、長ねぎはななめ薄切り、にんじんは細切りにする。

2、生鮭は1枚を3等分に切り、塩をふって薄力粉をまぶす。ごま油を熱したフライパンで皮目から焼く(皮に焼き色がつくまでしっかり焼く)。

3、鍋で南蛮酢の材料をひと煮立させ、バットに入れ、1と2をつける。

【漬けダレが余ったら…】

漬けダレが余ったら、私はいつも豚肉を漬けています。豚薄切り肉に軽く塩をし、薄力粉をまぶして焼き、鮭が入っていた南蛮酢に入れれば、2回別の味で楽しめますよ。


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年11月21日今日の献立

ときにはエスニック料理で気分転換!メインは親子丼をアレンジ。いつもとは違う新鮮な一品を楽しんで。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ