外はカリカリ中はホックリ! 「幸せじゃがいもガレット」【今日の時短ごはん Vol.62】

 

こんにちは。料理研究家の越野美樹です。
新じゃががおいしい季節ですね。肉じゃがにポテトサラダ、コロッケ、フライドポテト・・・。今日は、切って焼くだけ、カリカリほっくりの食感の「幸せじゃがいもガレット」をご紹介します。じゃがいもと塩、油だけで、いつものじゃがいもがあっという間にごちそうに変身しますよ。

じゃがいもの芽や皮には、「ソラニン」と言われる天然毒素の一種が含まれています。家庭菜園などで作られた未熟で小さなじゃがいもや、日光に当たったじゃがいもは、皮が緑に変色しているものもあります。

じゃがいもの芽は根元を含めて完全に取り除き、なるべく皮をむいて食べるのがオススメです。緑の皮の部分にはソラニンが含まれるので、特に深くむいてくださいね。芽が出ていたり、皮が緑に変色しているじゃがいもはなるべく買わないようにしましょう。買った後は暗くて涼しく、通気性の良い場所におき、長期保存せずに早めに食べきるのが安心です。

じゃがいもは、アンデス原産のナス科の野菜。少し前までは男爵メークインがほとんどでしたが、今ではたくさんの品種が出回っていますね。

じゃがいもには、男爵を代表とするホクホクとした食感の粉質系と、メークインなどの煮崩れしにくいねっとり系があります。肉じゃがにはねっとり系、ポテトサラダにはホクホク系など、お料理に合わせてじゃがいもを選ぶとお料理の仕上がりが違ってきます。

今回ご紹介する「幸せじゃがいもガレット」も、ねっとり系とほっくり系で仕上がりが違うので、じゃがいもの種類を変えて、お好みの品種を探ってみてくださいね。

■幸せじゃがいもガレット

調理時間15分



レシピ制作:藤野料理教室にじ 越野美樹


<材料>※作りやすい分量で

じゃがいも 3コ
塩 ふたつまみ
菜種油 大さじ2

次ページ :  <作り方> 1、じゃがいもは皮をむいて千切りにす…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年9月16日今日の献立

大根の煮物に酢の物……ほっとする和食メニューの〆は、リンゴをたっぷりと使ったリンゴパイ!

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ