毎年のお楽しみ、余った「黒豆」で作る和風スイーツが美味しすぎる!

 



お正月に食べた黒豆や栗きんとんがまだ冷蔵庫に残っていたら…。ちょっと気分を変えて、おせちリメイクを楽しんでみませんか。
おせちの残りもののなかでも、美味しいスイーツに変身できるのが「黒豆」。ひと手間かけるだけで、ほんのり甘い和風ケーキやデザートが完成します。今回は、料理の達人ブロガーさんたちの、そんな黒豆リメイクアイディアレシピをご紹介します。

■ミックス粉を使うから簡単! 「黒豆マフィン」

残ってしまいがちなおせちの「黒豆」。「お鍋でたくさん作ったからなかなか食べ終わらない」「お徳用を買ったからまだ残っている」なんて方が多いのではないでしょうか。

そんなときの黒豆リメイクを教えてくれるのは、料理&お菓子作りが得意な人気ブロガー、「Cache-Cache+」のカシュカシュさん

「大好きなのに、おせちで残るナンバーワンの黒豆。毎日、少しずつ食べていますが、好きなものでも毎日だと、さすがに飽きてきますねぇ。ならば…と、マフィンを作ってみました」といいます。

エキサイトブロガー カシュカシュさんのブログ『おせちリメイク♪ 黒豆と栗きんとんのマフィン』より


このときは、手軽にマフィンやケーキが作れるミックス粉を使って、黒豆と栗きんとんを入れた「おせちリメイク・マフィン」を作ったそうです。

ミックス粉を混ぜたなかに、黒豆を入れて焼くだけでももちろんOKですが、カシュカシュさんが「ほんのひと手間かけて作った」という、おいしくて簡単なオリジナルレシピを教えてくれました。

エキサイトブロガー カシュカシュさんのブログ『おせちリメイク♪ 黒豆と栗きんとんのマフィン』より


【おせちリメイク♪ 黒豆と栗きんとんのマフィン】

<材料>(5コ分)
卵 1コ
<A>
 ヨーグルト 大さじ3
 なたね油 大さじ3
 黒豆のシロップ 大さじ1
ミックス粉 200g
黒豆 45g
栗きんとん 50g(5等分しておく)
栗の甘露煮 5コ(大きいものは2~3等分に)

<作り方>
1、ボウルに卵を入れ、泡だて器でよく混ぜ、Aを加えよく混ぜる。

2、ミックス粉を加え、ゴムべらでさっくり混ぜ合わせる。黒豆の半量も加える。

3、マフィン型にグラシンカップを敷き、生地を型の1/3量まで入れ、栗きんとんをのせ、その上からさらに生地を均等に入れる。

4、残りの半量の黒豆、栗をのせ、190℃に予熱したオーブンで25分~30分焼いたらでき上がり。※加熱時間はオーブンによって調整してください。

エキサイトブロガー カシュカシュさんのブログ『おせちリメイク♪ 黒豆と栗きんとんのマフィン』より


「マフィンを割ると出てくる栗きんとん…というか、お芋のペーストがホクホクしてとっても美味しいの。黒豆&栗&お芋のハーモニーがなんともよかったです。おせちの黒豆が美味しいスイーツに変身してくれました」とカシュカシュさん。

カシュカシュさんはほかにも、黒豆を入れてパンケーキを焼いたり、黒豆ケーキを作ったり、いろいろ楽しんでいるそうです。

こちらはパンケーキのなかに抹茶と黒豆を混ぜて焼いたそう。「生地にも黒豆を入れたので、食べ進めていくと、ときどき現れる黒豆が、なんともホッとする甘さでおいしかった!」というのでぜひお試しあれ。

エキサイトブロガー カシュカシュさんのブログ『ストウブホットプレートで♪ 抹茶と黒豆のパンケーキ』より



こちらは黒豆と栗きんとんを入れたケーキをストウブで作ってみたそうですが、和のケーキがしっとりしていておいしそうです。

エキサイトブロガー カシュカシュさんのブログ『おせちリメイク♪ 栗きんとんと黒豆のケーキ』より



パンケーキならホットケーキミックスがあれば簡単に焼けるし、ケーキならミックス粉を使ってトライできるので、みなさんもカシュカシュさんのアイディアを参考に、ぜひ黒豆入りのスイーツを作ってみてはいかがでしょうか。

次ページ :  ■生クリームと相性良し! 子どもに人気の「黒豆寒…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年12月18日今日の献立

ボリュームのある丼には、さっぱりとした副菜を。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ