5つのコツで失敗知らず! 冷ご飯で作る「カリカリ焼きおにぎり」【今日の時短ごはん Vol.50】

 

こんにちは。料理研究家の越野美樹です。
朝に炊いて保温し続けたごはんや、冷凍ご飯を温め直して食べるとイマイチおいしく感じない。そんな時は、「カリカリ焼きおにぎり」にすれば、残りご飯がおいしく食べられます。

おいしい焼きおにぎりの作り方 5つのコツ

焼きおにぎりを作ってみたら、おにぎりが崩れてしまったり、表面が真っ黒に焦げてしまった経験はありませんか? 私も焼きおにぎりを上手に作るのが苦手でした。今回は、焼きおにぎり名人の母に聞いたおいしい焼きおにぎりを作るコツをご紹介します。

焼きおにぎりは、5つのコツを守ると驚くほどおいしく仕上がります。

【おいしい焼きおにぎりの作り方 5つのコツ】

おにぎりは小さめ、薄めににぎる
小さめに、薄くにぎることで中まで火が通り、外はカリカリ、中はふっくらとした焼きおにぎりに仕上がります。

おいしい焼きおにぎりの作り方 5つのコツ

30回ほどしっかりとにぎる
普通のおにぎりはなるべくにぎる数を少なくした方がほわほわな食感が楽しめますが、焼きおにぎりはしっかりしっかりにぎるのがオススメです。

焼き網はあらかじめ強火で熱しておく
焼き網をあらかじめ温めておくと、おにぎりが焼き網にくっついてボロボロになってしまうことなくきれいに焼きあがリます。

弱火でじっくりと焼く
強火で焼くと黒いコゲがついてしまうので、じっくりと弱火で焼くことできつね色に焼きあがり、食感も良くなります。

両面がきつね色になってからしょうゆを塗る
おにぎりが焼けてからしょうゆを塗って、もう一度焼き網に戻してから余熱で焼くと、しょうゆが焦げることなく中にしみていきます。
5つのコツを守れば、誰にでも失敗なく理想の焼きおにぎりが作れます。カリカリ香ばしい焼きおにぎりは、お子さんも大好きな味です。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

■ほっこりカリカリ焼きおにぎり

調理時間 15分
おいしい焼きおにぎりの作り方 5つのコツ

レシピ制作:藤野料理教室にじ 越野美樹


<材料>おにぎり4コ分
炊いたご飯 子ども茶わん4杯分
しょうゆ 適量

次ページ :  <作り方> 1、手水をつけでご飯を子ども茶わん1…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年6月22日今日の献立

火を通したチーズやハーブの香りが食欲をそそります。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.