外食の選択肢が増える!? 子どもでも食べやすいスパイス料理のコツ

 

辛いものが苦手な大人がいるように、子どもが辛い味に慣れるまでには時間がかかることも。しかし、辛みがないスパイスなら、小さなうちから慣れておくと、外食の選択肢が増えそうです。クセがあるものが多いですが、子どもにも食べやすい工夫をしてみましょう。

© dianaduda - stock.adobe.com


■子どもに人気!「スパイスおにぎり」

個人差があるのはもちろんですが、スパイスデビューとしておすすめなのが「ハーブソルト」といわれています。クセが少ない商品が多く、子どもにも食べやすいようです。

肉や魚に振りかけて焼くという方法もありますが、意外と子どもにウケたのが、ハーブソルトを使ったおにぎりです。

ご飯に角切りのチーズとツナを混ぜ、握るときに手につける塩をハーブソルトにしただけなのですが、「いいにおいがする」といって喜んで食べていました。

子どもは味覚や嗅覚が敏感なので、少量でも香りを楽しめたのかもしれません。大人にはちょっと物足りなかったので、ご飯にもハーブソルトを混ぜ込むといいでしょう。

パプリカやパセリを使うとカラフルになり、ホームパーティでも使えます。

■辛くない! 自家製カレースパイス

カレーといえば、今も昔も子どもたちが大好きなメニュー。子ども用のカレーにもスパイスが使われていますが、より本格的な味を体験してほしい場合は、オリジナルブレンドのスパイスを作ってみては。ターメリッククミンは辛くないので、小さな子どもにも食べやすいようです。

●自家製カレースパイス レシピ
<材料>
ターメリック 大さじ1
シナモン 小さじ1
クミン 小さじ2
ナツメグ 少量(ひと振り程度)

上記の材料をミックスしたものをカレー粉として使います。この比率をベースに、適宜調整してみてください。

<作り方>
1、肉や野菜をカットして炒め、塩とコショウで味を調える。
2、1に、すり下ろしたリンゴとヨーグルト、トマト缶を入れ、一緒に煮込みます。
3、2に、先ほど作ったスパイスを追加します。最初は少量ふりかける程度で試してみてください。
スパイスはブレンド後、フライパンで軽く炒ると、より風味が増します。
 
次ページ :  ■おやつにもスパイスを盛り込む 料理だけでなく、…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年9月23日今日の献立

休日にのんびりと作りたい洋食メニュー。

この記事のライター

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.