ヒントは味付けとアレンジにあり! 晩ごはん作りをラクにする常備菜入門

 

晩ごはんにお風呂、歯みがきなど、働くママは帰宅後も複数ミッションを抱えているものです。なかでも、ママたちを悩ませるのが日々の晩ごはん。献立を考えたり、ぐずる子どもをあやしながら慌てて支度をしたり…。日々の負担を軽くすべく、週末常備菜を作っているママも多いのでないでしょうか。


一方で、「週末は常備菜作りに時間をとられてしまい、子どもと過ごす時間が少なくなってしまう」、「毎日同じおかずが続くと、食べ飽きてしまう」と常備菜にまつわる悩みもあるものです。

そんなお悩みを解決する書籍『子どもと食べたい常備菜入門』を出版されたばかり、オーガニック料理教室「ワクワクワーク」代表の菅野のなさんが考案するレシピは、ほとんどが調理時間20分以下でできるもの。

『子どもと食べたい常備菜入門』菅野のな 著(辰巳出版) レシピ写真=安岡花野子、プロフィール写真=田中しいれい


料理が苦手なママにもできて、子どもも食べられる常備菜を2品、菅野さんに教えてもらいました。

■作業時間はたったの5分! 基本常備菜「なすの塩炒め」

菅野さんのレシピは、基本常備菜アレンジを加えていくスタイル。まずは、基本となるレシピをご紹介しましょう。



▼「なすの塩炒め」作業時間 5分

<材料 500ml の容器1個分>
なす 4本
油  大さじ2
塩  ふたつまみ

<作り方>
1、なすはヘタをぎりぎりのところで切り落とし、縦半分に切ったあと、さらにひと口大に切ります。

2、フライパンに油を入れて中火にかけ、なすを丁寧に炒めたら、塩を加えてさらに炒めます。粗熱をとり保存容器に入れ、冷蔵庫で保存します。

「なすは、火が通っていると作業時間を短縮しやすいのが特徴。ヘタ以外は無駄なくいただきましょう」(菅野さん)


次ページ :  ■なすの塩炒めのアレンジレシピ「ガーリックパン粉焼き…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年12月17日今日の献立

スパイシーでボリューム感のある主菜に、手軽に作れてたっぷりの野菜をとれる副菜2品を添えて。

この記事のライター

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.