ご飯をもぐもぐ食べる! 栄養満点の米ぬかふりかけ

 

©id-link - Fotolia.com


米ぬかというと、漬物に使ったり、たけのこのあく抜きをするときに使ったりと、料理には使わないイメージをお持ちかもしれませんが、実は食べられます。米ぬかとは何なのかというと、『玄米-白米=米ぬか』です。

玄米は白米よりも栄養が豊富ということはご存じだと思いますが、実際に、食物繊維は5倍、鉄分は6倍、ビタミンB1は8倍、ビタミンBは10倍など、本当に栄養がぎっしり詰まっています。ということで、たとえ玄米を食べなくても、この米ぬかをふりかけにして白米にかければ、玄米を食べているのと同じことになるのです。

また、玄米は消化が悪いという難点があります。しかし、米ぬかはパウダー状なので、玄米より胃に負担がかかりません。しかも、子どもはふりかけが好きな子が多いので、意識をせずに栄養をしっかりとれるというメリットも。

とはいえ、米ぬかを買ったことがない方も多いと思います。もちろんスーパーでも売っていますが、もしご近所にお米屋さんがあれば、「米ぬかください」と言ってみてください。

私の経験だと、だいたい無料、もしくは数十円でおすそ分けしてくださるはず。近所にあるお米屋さんは、「米ぬかなんて、値段つけらんないよ」と、いつもタダでくださいます(なのでお米を買っています)。

ママ友何人かに作り方を紹介したところ、みんな「子どもがごはんをたくさん食べる!」と言ってくれました。ハードルが高い食材かと思いきや、意外と手に入れやすいものなので、ぜひ一度お試しを。





次ページ :  「米ぬかふりかけ」の作り方 >>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年7月28日今日の献立

トマトにグリーンアスパラ、キャベツにトウモロコシ。野菜をたっぷりとれる洋風の献立です。

この記事のライター

ピックアップ

最新の おいしい!

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.