YUKAさんが伝授! 「つくりおき&常備菜づくり」がラクになる4つのコツ【レシピ付き】

 


常備菜づくりには定評のある、“イエシゴト&お弁当づくり” で人気のブロガー「YUKA'sレシピ♪」のYUKAさん。毎日のお弁当づくりのために毎週末、「常備菜」「つくりおき」を一気にまとめて準備しているのだそう。

「一気にたくさんの料理をつくる?! ちょっと大変そう…」と思いきや、いくつかのポイントをおさえることで、じつは簡単にたくさんの料理をつくることができるそうです。

今回は、「つくりおき&常備菜作り」をうまくまわすためのコツおすすめレシピをYUKAさんに教えていただきました。

■その1:同じ食材を使って、効率よく「つくりおき」

YUKAさんの「今週のつくりおき」例を拝見すると、そのコツが見えてきます。基本的には、メインになるおかずも副菜も「食材は効率よく使いまわすのがコツ。私は野菜や肉、魚介類も単身者用の小分けではなくお徳用の量を買ったりしていますが、無駄にしないためです」といいます。

エキサイトブロガー YUKAさんのブログ『イエシゴトVol.195 今週の作りおき』より


たとえば、レンコンの豚肉巻き。同じ素材で、焼き肉用フライ用のふたつのおかずをつくりおきします。まず、レンコンは厚さ5~7ミリ程度に厚切りして、硬さが残る程度にレンジで3分弱加熱しておきます。塩コショウしたロース肉にゆず胡椒を少し塗って、紫蘇と、レンジで加熱したレンコンを巻いていくだけ。


ひとつは焼き肉用にそのまま冷凍。もうひとつは目先を変えるため、一部パン粉をつけてフライ用にして、保存袋に入れて冷凍。

左:焼き肉用 右:フライ用

【ここがポイント】
こうすることで、食材を効率よく使えるうえ、同じ食材でも調理法が違うので飽きずに食べられそうですね。また、この肉巻きは、下ごしらえまでしておき、あとは焼くだけ、揚げるだけ。最後のひと手間だけをその日に加えるので、できたてほやほやのおいしいおかずになる! というのがポイントです。
また、鶏もも肉を3枚買って、2枚は唐揚げ用に仕込みし、もう一枚は照り焼きチキン用にすることもあるそうです。


YUKAさんはお弁当用なので1枚を12等分ぐらいに小さめにカット。から揚げ用に下味をつけてしばらくおき、味が染み込んだ後、から揚げにしてから冷凍。残り1枚はひと口大にカットして、照り焼きチキンにしています。
【ここがポイント】
こちらも同じ食材でふたつの味が楽しめるのがいいですね。揚げ物は油で揚げるのが面倒なので、なるべくまとめてたくさん揚げるのがポイント。小さくカットして、一気にから揚げにして冷凍しておけば、食べるときに使いたい分だけレンジでチンすればOK。夕ごはんのおかずにするなら、少し大きめでもよさそう。
照り焼きチキンもから揚げも、大人だけでなく、子どもたちも大好きな1品なので、夜のおかずにはもちろん、家族のお弁当にも使えて便利です。

エキサイトブロガー YUKAさんのブログ『イエシゴトVol.202 今週の作りおき』より


また、別の日につくった「今週のつくりおき」例では、海老をつかっていますが、メインのおかずにもなる海老フライは衣つけまでにして冷凍。揚げるのは当日。もう1種類、海老とマッシュルームのアヒージョをつくっています。この日は鶏のひき肉をつかって、鶏だんごと鶏そぼろにして冷凍しています。

こうした同じ食材をつかって効率よく「つくりおき」する例はいろいろアレンジできます。アスパラの肉巻きをソテー用と揚げ物用にしてみたり、ひき肉で肉団子と焼売をつくって冷凍してみたり…と自分流にアレンジしてみるといいでしょう。


次ページ :  「赤い色」の常備菜を作っておくと便利! >>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年4月28日今日の献立

旬のアサリをシンプルにバターライスに。マグロは表面だけサッと焼きましょう。

この記事のライター

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

インスタグラム
記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.