愛あるセレクトをしたいママのみかた

玄米を食べてみよう! カレーで余った玄米をサラダ&サンドイッチにするレシピ

 

玄米を食べてみようということで玄米の炊き方からちょっと変わった食べ方をご紹介いたします。


玄米といえば「食物繊維が豊富で体にいい」といわれています。そんな玄米を普段の食事に取り入れてみませんか。今回の提案は「ご飯の代わりとして玄米を食べる」だけではなく、「玄米のプチプチした食感を生かしてサラダを作る」というところです。

といっても玄米は調理が面倒な気がして…。というお話をよく聞きます。確かに白米に比べたら水につける時間が長いし、炊き時間も長いので面倒といえば面倒かもしれませんね。でも水につけている間は何もしませんし、炊くのは炊飯器なのでそんなに苦行というわけではありませんので、ここは少し頑張ってみてください。

さて、玄米を買いましょう。小さめがオススメです。大きいものを買ってしまうと使い切るのに時間がかかります。時間が経って酸化が進んでしまうともったいないので、小さめの袋で買って、冷蔵庫の野菜室に入れましょう。

炊き方は炊飯器の玄米モードで炊くのが一番手軽です。炊くポイントは水に浸ける時間です。ご飯の代わりに食べる場合は長い時間(5時間〜6時間)つけてしっかりと吸水させると柔らかくムッチリします。サラダ目的やカレー用で炊くなら「プチプチ」してほしいので、水につけるのは1時間〜2時間程度でOKです。


あとは少量の塩(1合に対して小さじ8分の1程度)を加えて炊きましょう。かなりの薄味ですが、おいしくなります。炊け上がったらまずはカレーなどに使って食べましょう。そして残った玄米は冷蔵庫に一時保管してサラダに使います。今回の主役はこちらですね。

サラダはエスニックな感じにしてみました。

次ページ :  気になるレシピは… >>
関連リンク

このコラムが掲載されているまとめ

余ったご飯はみんなどうしてる? 余り物活用方 まとめ

余ったご飯はみんなどうしてる? 余り物活用方 まとめ

余り物はどうしていますか? 次に日もまたそのまま食べると飽きちゃいますよね。 でも、余ったご飯は、ちょっと工夫をするだけでまったく違う料理に変身するんです。 余り物がまさかのメインディッシュやスイーツにもなります。 次の日も美味しく食べるための余り物活用レシピ集です。

この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2021年2月27日今日の献立

おかずの定番の肉ジャガを塩味にアレンジ。優しい味の大根の田楽にサッパリとした和え物を添えてヘルシーに。

この記事のライター
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ