惜しまれながら閉店した老舗が復活! 絶品「純レバ丼」を堪能

 

フードライター・平野紗季子さんの「MY STANDARD GOURMET」。今回ご紹介するのは、『ニュー菜苑(さいえん)』の純レバ丼です。


「菜苑が復活した!」。浅草に住む友人から歓喜の連絡を受け取ったのは今年の春のこと。地域の再開発により惜しまれながら閉店した老舗中華料理店『菜苑』が、跡地からほど近い場所に『ニュー菜苑』として帰って来たというのだ。「浅草でまた純レバ丼が食べられる日が来るなんて…」。友人のメッセージは大量の号泣マークに彩られていた。

店に入るなり厨房からジャーッとレバーを炒める音が。これこれこの音!純レバ丼がもうすぐできる、空腹の音。鍋を振るうのは先代の奥様。今も現役で厨房に立っている姿に胸が熱くなる。炒めた鶏レバーは甘辛く味つけて、白米に豪快に盛りつけ、大量のネギをオン。久しぶりに再会した純レバ丼は相も変わらず輝き、「写真はいいから早く食べろ」と食欲中枢を刺激しまくるのだった。

現在のオーナーは、先代の娘さん。お母様(つまり先代の奥様)と二人三脚で店を開ける。旧店の閉店を機に廃業に至らなかったのは、続けて欲しいという常連さんの声はもちろん、仕事が大好きなお母様のためだったとか。
次ページ :  だから、お店の規模を小さくしても、メニューを少なくしても、…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年7月6日今日の献立

あっさり味の煮込み料理に、味が濃い目の混ぜご飯を組み合わせた献立です。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ