1. E・レシピ >
  2. 桜あんぱんのレシピ・作り方

桜あんぱん

ほんのり桜の香りがする桜あんを使ったあんぱんです。春の訪れを感じてください。

ブレッド
調理時間
+発酵・焼く時間
レシピ制作: 
橋本 敦子
材料  ( 6 個分

砂糖

大さじ2

小さじ1/2

90ml

溶き卵

(照卵用)適量

下準備

  • 水を人肌に温める。

  • 桜の花の塩漬けは水の中で塩を振り落とし、キッチンペーパーで水気を拭く。

  • 桜あんは6等分し、丸める。

  • 無塩バターは常温に戻しておく。

  • 焼成前にオーブンを180℃に予熱する。

作り方

  1. 1

    ボウルに強力粉を入れ、インスタントドライイースト、砂糖を真ん中に置く。塩、溶き卵は端に置き、温めた水を加え、ゴムベラでひとまとまりになるまで混ぜる。

  2. 2

    生地がひとまとまりになったら、無塩バターを加えて混ぜ、生地を台の上に出して表面がなめらかになるまでこねる。生地を丸め直し、閉じ目を下にして、ボウルに入れ、ラップをして、温かい所に置いて約2倍に膨らむまで一次発酵させる(30℃、30~40分)。

  3. 3

    指に分量外の強力粉をつけて生地に穴をあけ、フィンガーテストをする。そのまま穴が残れば一次発酵終了。ガス抜きをして、6等分して丸め直し、ベンチタイムを15~20分とる。

  4. 4

    <成形する>閉じ目を下にして直径10cmの円形に中心を少し厚めに伸ばし、桜あんをのせて包み、上から軽く押さえる。

  5. 5

    オーブンシートを敷いた天板に並べて温かい所に置き、生地がひとまわり大きく膨らむまで二次発酵させる(40℃、20~25分)。

  6. 6

    ハケで溶き卵(照卵用)を薄く全体にぬり、真ん中に桜の花の塩漬けをのせて押し入れる。

  7. 7

    180℃に予熱しておいたオーブンで10~15分焼く。

このレシピのポイント・コツ

・ここではガスオーブンを使用しています。オーブンによって温度や焼き時間には違いがあるので、普段からお家のオーブンの癖を知っておくことをお勧めします。
リストに追加ファンになる

現在のファン数206

橋本 敦子
レシピ制作 橋本 敦子

料理家
大学在学中に土井勝料理学校師範科を卒業。調理師資格を取得、有名シェフに師事。現在は料理、お菓子作りの講師としても活躍。

橋本 敦子制作レシピ一覧

最近見たレシピ
    最近見たレシピの一覧

    みんなのおいしい!コメント

    コメントはまだありません。

    最新の食コラム

    もっと見る
    ピックアップ
    最新のおいしい!

    【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

    アプリ版
    「E・レシピ」で、

    毎日のご飯作りが
    もっと快適に!

    E・レシピアプリ

    画面が
    暗くならないから
    調理中も
    確認しやすい!

    大きな工程画像を
    表示する
    クッキングモードで
    解りやすい!

    E・レシピアプリ 作り方

    Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

    このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

    RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

    Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

    最近見たレシピ