カンタン、やさしい、何でもいい! 創業120年余の昆布のプロが教えるおいしい出汁(だし)の引き方

 



では、どうすればおいしい出汁を取ることができるのでしょうか。

おいしい出汁取り、おさえたいポイントはわずか3つ!



吹田さんは、「大切なのはほんのわずかなこと。それさえ守っていれば、本当に『何でもいい』んです」と言います。教えてくれたポイントは以下の3つ。

1.よい昆布を選ぶ

「細かく切ってあるものだとえぐみが出るので、できるだけ原型をとどめたものを。野菜中心の煮物に使うのであれば利尻昆布がいいし、それ以外なら真昆布がオススメ。ただ、手に入りにくい場合は日高昆布は万能です。旨味だけを味わいたいなら、1年2年経過しているようなものを選んで!」

2.鍋に入る程度の大きさにカットする

「細かく切ったほうが旨味が出やすいと感じるかもしれませんが、命を終えてもなお自分の体を守るために、昆布はえぐみ成分を含んだ粘液を切り口から出してきます。なので、できるだけ切らないほうがいいでしょう。鍋からはみ出ない程度がオススメですね」

3.基本の分量「1、2、3」をしっかり量る

「何でもいいとはいえ、昆布の分量が少なくては旨味も足りなくなってしまう。覚えやすいのが、水1L、昆布20g、鰹節30g。
次ページ :  鍋に昆布と水を入れたら火にかけて10分。沸騰して少ししたら…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年11月14日今日の献立

冬野菜たっぷりの献立です。粉山椒にユズコショウ、カレー粉とスパイスをきかせているので、体が温まります。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ