初心者でも簡単!おせち料理を美しく重箱に詰める方法

 

新年の始まりを華やかしく彩ってくれるおせち料理。一見、手作りするのは難しそうにみえますが、盛り付けを一工夫するだけで上級者のような仕上がりになります。次のお正月は、ワンランク上の盛り付けで家族に振舞ってみてはいかがでしょうか。

おせち料理の出来栄えを大きく左右する“盛り付け”。ただ重箱に詰めるだけだと彩りのバランスが悪くなり、華やかさに欠けた仕上がりになってしまいます。

そんなときは、昔から活用されているおせちの詰め方を参考にしてみてはどうでしょうか。今回は、初心者でも簡単に挑戦できる3種類の詰め方をご紹介します。



◼︎目次

1.詰め方にもいろいろある

2.市松詰め

3.段取り

4.七宝

まとめ

1. 詰め方にもいろいろある



おせち料理はおかずがたくさんあるので、バランスよく配置することが重要。今回は代表的な市松詰め、段取り、七宝の3種類を紹介します。

2. 市松詰め

おせちの市松詰めとは、市松格子のような詰め方のこと。

複数の料理を細かく詰めるときに向いています。黒豆や田作りのような細かい料理も上手く配置することができます。



中央に小鉢を置いて、黒豆を乗せましょう。
次ページ :  あとは周りに並べていくだけなので、詰めやすいです。 …>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年9月23日今日の献立

ご飯がすすむのはもちろん、ビールが飲みたくなるレシピに仕上げました。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.