愛あるセレクトをしたいママのみかた

余り野菜を再生する「リボベジ」って何?【フードロス削減大作戦】

 

妊産婦食、妊活食を専門としているsazukaru代表、管理栄養士の長(おさ)有里子です。

「リボベジ」というのをご存知ですか?

料理をしたときに残る野菜のヘタや芯の部分などを育てることを「リボーンベジタブル(再生野菜)」、略して「リボベジ」といいます。コロナ禍のステイホームや環境問題への高まりから、現在、このリボベジが注目されているようです。

・リボベジの代表選手は豆苗!


多くの方がリボベジと意識せずにされているのが、豆苗ではないでしょうか?豆苗は切っても水につけておけば、また新しい芽が出てきて食べられますよね。これがリボベジというわけ。

私は今回、にんじんのリボベジを試してみました。

■にんじんのリボベジ

1、にんじんは上部を約1㎝を残して切る。


2、水につける(茎が水につからないようにする)。


3、数日たつと、茎の脇から新しい芽が出てくる。


1週間後がこちら!


緑色の葉がなんとも鮮やかです。毎日水を取りかえる必要がありますが、リボベジは浅い器でできるので、取りかえる水も少量で手間はかかりません。

食べたいと思ったら成長に関係なく収穫できるのも良いところ。早速にんじんラべの薬味に。


・かぶや大根、葉ねぎでもOK!


かぶや大根、葉ねぎなどでもリボベジを行うことができるそうです。

小さな一歩ですが、リボベジは日本で今問題視されている食品ロス削減につながります。普段は捨ててしまいがちな、いわゆる野菜クズを活用し、それが楽しみにながらエコにつながるというのは嬉しい気持ちになります。

とにかく、毎日成長するのでそれが楽しみに。また、水耕栽培なので気軽にできますよ。興味のある方はぜひ試してみてくださいね!
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
この記事のライター
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ