愛あるセレクトをしたいママのみかた

フライパンの寿命ってどれくらい?素材やコーティング別に紹介! 

 

フライパンは鉄やダイヤモンドコーティングを施したものなど、素材やコーティングによって、寿命や使い方が違ってきます。素材やコーティング別の寿命や買い替えサイン、使い方などもまとめましたので、ご紹介します。

現在使っているものの買い替えだけでなく、それぞれの特徴をつかんで、今後新しいものを買うときの参考にして下さいね。

目次 [開く][閉じる]

■素材&加工別フライパンの寿命

©︎https://pixabay.com/ja/


フライパンの寿命は、素材やフライパンに施した加工によって違いがあります。まずは素材や加工方法別にまとめましたので、詳しくみていきましょう。

・鉄
鉄製のフライパンは、使い方によっては半永久的に使えるいわれています。他の加工をされたものよりも、耐久性が最も優れているといわれ、料理人のほとんどが鉄製のフライパンを使っているほどです。

アヒージョなどに使う人気のスキレットも、鉄製フライパンの一種です。使っていくうちに油がフライパンになじんでいくので、長持ちします。

・テフロン加工
テフロン加工されたフライパンの寿命は約1年と短いです。テフロンとはフライパンの調理面をフッ素樹脂で加工したもの。約1年と寿命が短い理由は、フッ素樹脂が熱や摩耗に弱いためです。

寿命は長くても3年なので、加工がはがれてきたかも? と思ったら、すぐに買い替えることをおすすめします。ちなみにテフロンという名称は、デュポン社が商標登録しているので、デュポン社以外では使えないのだとか。

・ダイヤモンド加工
ダイヤモンド加工の場合の寿命は、2~3年です。ダイヤモンド加工もテフロン加工の1つといわれていますが、フッ素樹脂の中に「ナノダイヤモンド」という人工のダイヤモンドを混ぜて加工したもののことをいうそうです。

テフロンは1年という寿命でしたが、こちらは2~3年まで長持ちするといわれています。フッ素樹脂にナノダイヤモンドを混ぜることで、熱や摩耗に強くなりテフロンよりも長く使えるのです。

・マーブル加工
マーブル加工での寿命は、1~3年といわれています。マーブル加工もダイヤモンド加工と同じく、テフロン加工の一種で、何層の加工を施すかで、フライパンの耐久性が上がり、寿命が変わってくるそうです。

このタイプのフライパンの多くは1~2年という寿命ですが、8層まで加工を施した場合だと、3年以上は使えるといわれています。


次ページ :  ■寿命以外のメリットも大事!素材別フライパンの特…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年10月24日今日の献立

メインは食べこたえのある肉料理。野菜たっぷりの副菜で栄養満点なヘルシー献立!

この記事のライター
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ