愛あるセレクトをしたいママのみかた

目に麗しくて美味しい! 「SAKURAのチーズケーキ」

 

桜色のマーブルとトッピングの桜の塩漬けが華やかな「SAKURAのチーズケーキ」。
クリームチーズとカマンベールチーズの2種のチーズをミックスして味に深みを出します。
ケーキ台に桜の塩漬けを細かく刻んだものを加えているところもポイントですね。

またこのレシピでは、視覚的に “SAKURA”感があるだけでなく、“桜あん”や“桜のリキュール”を使用しているので、口の中で桜の香りがふわっと広がり味覚的にも“SAKURA”が楽しめる魅力的な逸品です。

お花見の季節に持ってこいのスイーツですね。

■SAKURAのチーズケーキ


レシピ制作:中島 和代



<材料 18cmケーキ型1台分>
クリームチーズ 250g
カマンベールチーズ 100g
グラニュー糖 50g
桜あん 60g
卵 2個
生クリーム 80ml
リキュール(桜) 大さじ2
食紅 少々
<ケーキ台>
 クッキー 120g
 バター 70g
 桜の葉の塩漬け 4枚
桜の花の塩漬け 8~12個

<作り方>
1、<ケーキ台>を作る。桜の葉の塩漬けは水洗いし、軸を切り落として細かく刻む。バターは耐熱容器に入れて電子レンジで30~40秒加熱し、溶かしバターにする。底の外れるケーキ型に、分量外のサラダ油を少しぬってオーブンペーパーを敷く。


2、クッキーはビニール袋に入れ、細かく砕いて桜の葉の塩漬け、溶かしバターと混ぜ合わせる。ケーキ型にしっかり押さえつけるようにペッタンコに敷き詰め、冷蔵庫に入れて冷やし固める。桜花を水洗いして塩を洗い流し、水に放って塩分を少し抜き、水気を絞ってキッチンペーパーにのせておく。

3、オーブンを160℃に予熱し始める。ミキサー、またはフードプロセッサーにクリームチーズ、カマンベール、グラニュー糖、桜あん、卵、生クリームを入れ、滑らかになるまで攪拌する。


4、桜リキュールを加えてさらに攪拌し、網を通してこす。1/3量を別ボウルに取り分け、食紅のごく少量を混ぜ合わせ、ピンク色にする。生地が固い場合は、網を通す前に分量外の生クリームを加えて調整して下さい。

5、冷やしておいたケーキ型に4の2色の生地をランダムに流し入れ、表面を平らにして桜花をのせる。160℃に予熱しておいたオーブンに入れ、表面に焼き色がつくまで約50~60分焼く。オーブンの下段に入れて下さい。

6、焼き上がったらそのまま冷まし、粗熱が取れたらラップをして冷蔵庫でしっかり冷やし固める。型から出して切り分け、器に盛る。

コツ・ポイント ここではガスオーブンを使用しています。オーブンにより、温度差や焼き時間には違いがあるので、ふだんからお家のオーブンの癖を知っておくことをおすすめします。電子レンジは600Wを使用しています。
お花見に持って行くのにも良いですね。


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年9月22日今日の献立
この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ