煮物を美味しく作りたいならコレ! 「鶏ゴボウ煮」

 

美味しい煮物が食べたくなったら、ご紹介したいのは鶏肉とゴボウの煮物。
そこに合わせるのはニンジン、コンニャクなど栄養のバランスも味のバランスも良い食材です。
シンプルな煮物だからと侮るなかれ。
味がうまく決まらなかったり、鶏肉だけ味が薄かったり、野菜がかたかったり。
意外とうまく作れないことがありますよね。

今回ご紹介するのは、美味しく仕上げる下準備や、調味料を加えるタイミングなど、ちょっとしたコツが散りばめられた丁寧なレシピです。
ポイントを押さえれば、失敗なく美味しく作れますよ。

■鶏ゴボウ煮

調理時間 30分


レシピ制作:保田 美幸



<材料 2人分>
ゴボウ 1本
鶏もも肉 1枚
 塩 少々
ニンジン 1/3本
板コンニャク (小)1枚
サラダ油 大さじ1
酒 大さじ2
砂糖 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ1

<下準備>
・ゴボウはタワシでよく洗い、すりこ木で軽くたたいて、幅3cmに切る。鍋に入れて水をかぶる位まで注ぎ、中火にかけ、煮たったら弱火にしてやわらかくなるまでゆでてザルに上げる。


・鶏もも肉は太い筋と余分な脂を取り除き、ひとくち大に切って塩をもみ込む。ニンジンは皮をむき、ひとくち大に切る。


・板コンニャクはスプーン等でひとくち大にちぎり、小鍋に入れてかぶる位の水を注いで中火にかけ、30秒ゆでてザルに上げる。


<作り方>
1、フライパンにサラダ油を中火で熱し、鶏もも肉を炒める。肉の色が変わったらゴボウ、ニンジン、板コンニャクを加えて炒め合わせる。


2、分量外の水をヒタヒタに注ぎ、煮たったらアクを取って弱火にし、蓋をして10分煮る。砂糖を加え、さらに5分煮る。


3、火を強めてしょうゆと酒を加え、落とし蓋をし、半量くらいまで煮詰めてみりんを加え、時々混ぜながら煮詰め、火を止める。蓋をして5分蒸らし、器に盛り合わせる。


お弁当のおかずにも良いですね。


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年7月7日今日の献立

七夕の日は素麺で決まり!家族でワイワイ楽しむ七夕の献立。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ