簡単「恵方巻」レシピ 2019年の恵方は東北東!

 

2月3日は節分です。

節分といえば昔から「豆まき」がおなじみですが、ここ数年で豆まきに並ぶ国民的イベントとなったのが「恵方巻」。その年の恵方を向いて、願い事をしながら太巻き寿司を丸かじりするというものです。

太巻き1本なのでボリュームも満点。この恵方巻だけでもお腹いっぱいになるので、ママにとっては助かります。黙って食べ続けることが子どもたちにとっては遊び感覚で楽しんでもらえそうですね。

ぜひ今年は子どもたちと一緒に楽しく手作りしてみてください!

■恵方巻き

調理時間 20分 1人分 467 Kcal


レシピ制作:フードコーディネーター 山下 和美



<材料 2人分>
<すし飯>
 ご飯(炊きたて) 1合分
 寿司酢 大さじ2
セリ 1/2束
カニ風味カマボコ 4本
シイタケの甘煮(市販品) 2~3個
鯛でんぶ 大さじ2
<卵液>
 溶き卵 2個分
 砂糖 小さじ2
 薄口しょうゆ 小さじ1/2
 塩 少々
サラダ油 適量
焼きのり(全形) 2枚

<下準備>
・セリは根の部分を切り落とし、根元を輪ゴムなどでしばり、分量外の塩少々を入れた熱湯でサッとゆで、水に取る。水気を絞り、長さ5cmに切る。


・カニ風味カマボコはほぐす。シイタケの甘煮は薄切りにする。<卵液>の材料を混ぜ合わせる。


<作り方>
1、<すし飯>を作る。ボウルにご飯を広げ、寿司酢を全体にまわしかけ、切るように手早く混ぜる。

ご飯はかために炊いたものを使用してください。
2、卵焼きを作る。サラダ油を薄くひいた卵焼き器を中火で熱し、<卵液>を数回に分けて流し入れ、卵焼きを焼く。巻きすで形を整え、冷めたら棒状に切る。


3、巻きすに焼きのりをのせ、<すし飯>の半量を、焼きのりの向こう側4cm位を残して全体に広げる。セリ、カニ風味カマボコ、シイタケの甘煮、鯛でんぶ、卵焼きの半量をのせる。


4、指で具を押さえながら、巻きすごと持ち上げ、手前側と向こう側の寿司飯の端を合わせるようにして巻く。巻き終わりを下にして形を整える。同様にもう1本巻く。切らずに器に盛る。


恵方巻に使われる具材は、家庭によってさまざまなようです。セリが苦手ならホウレン草やキュウリに変えるなど、全体の彩りを考えながらアレンジしてみましょう。


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ