満足度が高いヘルシーレシピ 「厚揚げのひき肉詰め」

 

煮たり、焼いたりとレシピの幅が広い厚揚げ。いろんな食べ方がありますが、今回は調理の仕方が少し珍しい厚揚げの肉詰めレシピをご紹介します。

厚揚げをくり抜き、鶏ひき肉を詰めたボリュームのある一品。しっかりした和風の味付けが、ご飯とも相性抜群です。厚揚げは大豆から作られているため、タンパク質やカルシウムなどを含んで栄養価も高いので、ボリューミーながらヘルシーなのも嬉しいですね。

食べ応え満点の厚揚げを使うので、ひき肉も少量で経済的。家計にもとっても優しいですよ。ぜひ、作ってみてください♪

■厚揚げのひき肉詰め

調理時間 25分 1人分391Kcal


レシピ制作 E・レシピ



<材料 2人分>
材料 ( 2 人分 )
厚揚げ 2~4個
片栗粉 小さじ2
<タネ>
 鶏ひき肉 80g
 白ネギ(みじん切り) 5cm分
 白ゴマ 大さじ1
 卵 1/2個
 酒 小さじ1
 しょうゆ 小さじ1
 片栗粉 大さじ1/2
<煮汁>
 だし汁 150~200ml
 酒 小さじ2
 みりん 大さじ1
 しょうゆ 大さじ1
 塩 少々
<水溶き片栗>
 片栗粉 小さじ1~1.5
 水 小さじ2~3
ネギ(刻み) 大さじ1

<下準備>
・厚揚げは熱湯をかけて表面の油を落とし、周りを1cm程残してくり抜く。


・<水溶き片栗>の材料を混ぜ合わせる。

<作り方>
1、ボウルに<タネ>の材料と厚揚げのくり抜いた部分を入れ、粘りが出るまで手で混ぜ、4等分にする。


2、厚揚げの内側に片栗粉を薄くつけ、(1)を詰める。


3、鍋に<煮汁>の材料を入れ強火にかけ、煮たったら(2)を入れ、蓋をして弱火で10~15分煮る(途中でひっくり返して煮て下さい)。


4、厚揚げを取り出し、残った煮汁に<水溶き片栗>をまわし入れトロミをつける。器に厚揚げを盛って煮汁をかけ、刻みネギを散らす。


厚揚げは最初に熱湯をかけて、表面の余分な油を落としておけば、味が染み込みやすくなり、くさみも取れます。ひと手間かけるだけで、仕上がりがグンと変わりますよ。


関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年6月25日今日の献立

ささ身やキュウリ、ニンジン等、手に入りやすい材料でお財布にも優しい献立です。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.