豆腐で作る豪華レシピ! もちもち食感の「クリーミー豆腐ローフ」【今日の時短ごはん Vol.56】

 

こんにちは。料理研究家の越野美樹です。
三寒四温の気候ながらほがらかなお天気になってきて、お豆腐料理が美味しく感じる季節となりました。お豆腐といえば、冷奴、湯豆腐、おみそ汁の具。子どもにあまり喜ばれないお料理ばかりが思い浮かぶでしょうか?

江戸時代には豆腐百珍という本も刊行されたことがあるくらいで、豆腐の食べ方はいろいろあるんですよ。今日は、豆腐でメイン料理が楽しめる「クリーミー豆腐ローフ」をご紹介します。



お豆腐はあまり消化の良くない大豆を食べやすくするために、と昔の人が考え抜いた知恵のたまもの。ちょっと一工夫することで子どもが喜ぶ一品に早変わりします。今回ご紹介する「クリーミー豆腐ローフ」は、ねっとりとクリームのような食べ応えのある食感で、満足感がある一品です。焼く時間はかかりますが、材料を混ぜたらあとはオーブンにお任せなので、時間がない日にも手軽に作れますよ。



ミートローフのように形が定まっていて、メイン料理にもなる「クリーミー豆腐ローフ」。フードプロセッサーがない場合は、ザルでお豆腐をこしてから他の材料を入れて、泡立て器で混ぜると同じように仕上がります。見た目はちょっぴりオシャレな洋風なのに、お味噌の風味がきいていて、味はちょっと和風です。つなぎの長芋とかたくり粉がもちもち感を出してくれるから、お子さんもきっと満足してパクパク食べてくれることと思います!


■クリーミー豆腐ローフ

調理時間 20分

レシピ制作:藤野料理教室にじ 越野美樹


<材料>作りやすい分量
木綿豆腐(水切りしておく) 1丁(300g)
長芋 50g
かたくり粉もしくは本葛粉 大さじ2
みそ 大さじ1
人参 1cm分
しいたけ 1枚分

次ページ :  <作り方> 1、人参としいたけはみじん切りにする…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年4月22日今日の献立

ボリュームあるトンテキに、食物繊維が取れるアッサリとした副菜を組み合わせました。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.