愛あるセレクトをしたいママのみかた

時短・簡単…感嘆!! 夏野菜の「揚げびたし」アレンジレシピ

 


■もはや揚げびたしとは呼べない? 洋風や中華風にアレンジ

揚げびたしという名前から和食のイメージがありますが、漬け込む調味料を変えれば洋風や中華風に大変身! 飽きのこないさまざまなバリエーションを楽しみましょう。

洋風に仕上げるなら、マリネ液に漬ければOK。わが家では砂糖1、オリーブオイル1に対し、酢を2の割合でマリネ液を作っています。バルサミコ酢を使うと風味が増し、ちょっとおしゃれな一品に。

ごま油と黒酢を使えば中華風になり、野菜のほか、アジのから揚げとも相性抜群です。あとから豆板醤をプラスすると、ピリ辛なおつまみとしても楽しめます。

もっともっと簡単・手軽にすませたいなら、市販のドレッシングを活用するのもいいでしょう。ノンオイルタイプを使えば、ヘルシーに仕上がります。

■余った揚げびたしは、ちょっとひと工夫でパッとリメイク

揚げびたしは常備菜になるとはいえ、夏はなるべく早く食べきりたいところ。一度にたくさん作ってしまうと、同じメニューに子どもも飽きてしまい、余ってしまうこともあります。

一番手軽なリメイクメニューは、漬けだれごとそうめんのトッピングにしてしまうこと。洋風・中華風アレンジでもおいしく楽しめますし、パスタにからめてもOKです。

チーズをのせて焼けば、グラタン風の味わいに。揚げびたしそのものに味がついているので、そのまま焼くだけで、一品でき上がりです。パンと一緒にピザトーストとして楽しむのもおすすめですよ。

和風揚げびたしなら、細かく切ってハンバーグのタネに混ぜれば、和風ハンバーグのでき上がり。肉料理でも野菜がたくさんとれるので、大根おろしでさっぱりといただきましょう。

色の濃い夏野菜の多くは、ビタミンが豊富で、油と一緒にとると栄養を効率よく吸収できる性質(脂溶性)を持っています。揚げものはカロリーが気になりますが、野菜自体が低カロリーなうえ、油少なめで作る揚げびたしなので、夏バテ予防におすすめです。
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2022年8月18日今日の献立

レモンをきかせた冷やしラーメンとコクのあるピーナッツソースを使った冷ややっこです。

この記事のライター
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ