愛あるセレクトをしたいママのみかた
  1. E・レシピ >
  2. 食コラム >
  3. 伝統の味を守り続け…職人の情熱を感じる、ロングセラーチョコケーキ3選

伝統の味を守り続け…職人の情熱を感じる、ロングセラーチョコケーキ3選

チョコレートがまだまだ希少だった時代、ココアを使って、チョコに負けないケーキを作ろう…。黎明期の職人の情熱から生み出されたロングセラーには、いまのものでは味わえない、独特の食感や軽やかさ、そしてほっとする優しさがありました。日本の家庭で愛されてきた、ロングセラーケーキをご紹介します。


喜久家洋菓子舗
横浜・元町通りで時を刻んできたケーキ。


日本郵船ヨーロッパ航路のベイカーだった創業者が、横浜・元町に洋菓子店を開いたのは、1924年こと。当時、元町といえば、山手の外国人居留地と山下町の外国人商館を行き来する西洋人で賑わっていたところ。店に訪れたのも、そうした欧州各国の婦人たちが主だったという。サバリン、ハニーケーキ、アーモンドトルト……、いまも店頭に並ぶオリジナルのケーキは、創業者が欧州各地から持ち帰ったレシピを元に、婦人たちのリクエストや意見を取り入れながらひとつ、ふたつと考案していったものだそうで、ラムボールはその代表作。

1か月ほどラム酒に漬け込んだレーズンやナッツ類をスポンジ生地に混ぜ、そこにチョコレートをかけて寝かせて作る。当初は大きなバットで焼いて、四角くカットしていたそうだが、昭和に入って、いまのボール型になったという。
次ページ :  レーズンに染みたラム酒が、時とともにじわじわと生地にも染み… >>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

E・レシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ