愛あるセレクトをしたいママのみかた

シワが入ってしまった「ミニトマト」を復活させるには?

 

夏野菜の代表といえばトマト

トマトの成分としてあまりにも有名なのが、リコピンです。リコピンは抗酸化作用が高いので、夏の紫外線ダメージからお肌を守ってくれる働きがあります。トマトは、まさに夏に食べたい野菜になります。

そしてトマトの中でもとくに「ミニトマト」は、お弁当や献立の彩りに欠かせないという人が多いでしょう。

でも野菜室に置きっぱなしにして、しわが寄ってしまった、なんてことはありませんか?


冷蔵庫の中は乾燥しています。この乾燥により水分が失われ、皮に張りがなくなってしまうのです。

そんなときは、「もう使えない…」と思わずに、水につけてみましょう!



しばらく(15分程度)たっぷりの水につけておけば、水分をすってツヤツヤに。

「時間がない!でもミニトマトを使いたい!」という方は、70℃くらいのお湯に30秒~1分ほどつけてみて。



こちらも同じく張りを取り戻します。
(熱湯だと皮が割れてしまうのでご注意を)

ただし、皮がしわしわになったということは、それだけ購入してから日にちがたっているということです。

一見元通りになったかのように思いますが、鮮度は落ちているので、早めに食べきってくださいね。


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2021年10月19日今日の献立

サクサクッと上がった天ぷらに、パパッとできる副菜を添えて。

この記事のライター
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ