愛あるセレクトをしたいママのみかた

リコピンを効率よくとれるのは、何トマト?

 

今やトマトは、身近なスーパーでも色とりどりの品ぞろえがあり、形も大玉、中玉、ミニサイズと選ぶのが楽しいですよね。

トマトの成分としてあまりにも有名なのが、”リコピン”です。
リコピンは色の成分で、抗酸化力が非常に高いのが特長。
その作用は同じく抗酸化力が高いとされているビタミンE100倍以上になるという報告も!

抗酸化力が高いということはつまり、美容にもつながるということです。
なので、紫外線を浴びやすいこの時期にトマトをいただくのは理にかなっているんですよ。

では、トマトの中でもどのトマトを選ぶとリコピンをとりやすいでしょうか?

それは、赤いミニトマトです!


リコピンは赤い色の色素成分です。
黄色やオレンジ、赤紫色といったカラフルなトマトも最近では目にすることがありますが、リコピンをとりたいなら赤い色のトマトを選ぶのが正解です。

またリコピンはトマトのに多く含まれるので、皮の割合が多いミニトマトの方がより効率よくとることができます。

さらに油で炒めたり加熱をすることにより吸収率が高まる性質があるので、夏においしいラタトゥイユはメニュー的におすすめになります。

今回は、簡単に作れるミニトマトのガーリック炒めをご紹介。
「油+加熱」吸収率アップの組み合わせですよ。

■ミニトマトのガーリック炒め


レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料 作りやすい量1回分>
ミニトマト 1パック
ニンニク 1片
塩コショウ 少々
オリーブ油 大さじ1/2

<下準備>
・ニンニクはみじん切りにする。

・ミニトマトはヘタを取る。

<作り方>
1、フライパンにオリーブ油とニンニクを入れ、火にかける。

2、香りが立ってきたらミニトマトを入れてさっと炒め、塩コショウで味を調える。

パッと作れるので暑い日のおつまみにもいいですね!


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年10月23日今日の献立

日曜日の今日は楽チンに出来る献立! 早くて簡単に4品仕上げます。

この記事のライター
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ