愛あるセレクトをしたいママのみかた

暑さがやわらぎ、食欲が増す「爽やか主菜レシピ」5選

 

もうじき梅雨が明け、本格的な夏がスタートしますね。そんな時期は、少しでも暑さがやわらぐ料理を味わいたいものです。

そこで今回は、食欲が増す、爽やかな主菜レシピを5つご紹介。香りや味わいから爽やかさを感じる料理を食べて、ヘルシーに夏を乗り越えましょう。いずれのレシピも、ペロリと食べられる美味しさです。

目次 [開く][閉じる]

■爽やかな香りが感動もの! 大葉とかつおぶしの「卵焼き」

爽やかな香りが感動もの! 大葉とかつおぶしの「卵焼き」

出典:E・レシピ


いつもの卵焼きも少しアレンジを加えることで、爽やかさが格段にアップ! こちらのレシピは、大葉を加えることでさっぱり&爽やかな風味に。鰹節の出汁も美味しいアクセントを後押ししてくれますよ。彩りも美しく、お弁当にもピッタリ。

これまで味わったことがない爽やかな香りは感動ものです。夏らしい味わいがくせになりそう。子どもから「あの卵焼き、作って」とおねだりされる可能性も大。たった15分で作れるので、忙しい日のランチや夕食にも最適です。この卵焼きを主菜として、ご飯と一緒にじっくりと味わうのもいいでしょう。

詳しい作り方はこちら↓
レシピ
さわやかな香り!大葉とかつおぶしの卵焼き
さわやかな香り!大葉とかつおぶしの卵焼き

大葉のさわやかな香りの卵焼きです。鰹節の風味もアクセントに!

  • 15分
  • 160 Kcal


■爽やかな酸味がたまらない、レモン汁が入った「エビマヨ」

爽やかな酸味がたまらない、レモン汁が入った「エビマヨ」

出典:E・レシピ


あっさりとしたエビマヨが味わいたくなったら、こちらのレシピがベスト。レモン汁の爽やかな酸味がたまらないエビマヨで、子どもから大人まで大満足しそうです。

作り方は、フライパンにサラダ油を中火で熱し、エビを両面色が変わるまで炒め、いったん取り出します。続いて、フライパンに赤パプリカ、黄パプリカを入れ、サッと炒めましょう。そこに炒めたエビを戻し入れ、炒め合わせます。タレのボウルに炒め合わせた具を入れ、混ぜ合わせれば完成です。お好みで、粗挽き黒コショウを振ってからいただきましょう。

詳しい作り方はこちら↓
レシピ
さわやかエビマヨ
さわやかエビマヨ

レモン汁が入った、さわやかな酸味が良いエビマヨ。丼にもオススメ。

  • 20分
  • 387 Kcal


■大葉の爽やかな香りがフワッと広がる、ジューシーな「しそ餃子」

大葉の爽やかな香りがフワッと広がる、ジューシーな「しそ餃子」

出典:E・レシピ


暑い日にスタミナがつく餃子を食べるのも良いですよね。こちらのレシピは、餃子のタネに大葉を巻きます。そうすれば、大葉の香りが口内にフワッと広がる、爽やかな味わいに。ご飯との相性も抜群でパクパクと食べられますよ。

このレシピを美味しく作るコツは、キャベツは塩揉みせずに使い、タネはひき肉の粘りが出るまできちんとこねること。よりジューシーな味わいとなり、家族みんなが大満足する一品になります。材料のキャベツの代わりに白菜を使っても問題ありません。夏の間に何度も作りたくなる餃子です。

詳しい作り方はこちら↓
レシピ
大葉がさわやか!しそ餃子
大葉がさわやか!しそ餃子

大葉のさわやかな香りが広がる餃子です。ひき肉は粘りが出るまできちんとこねるとジューシーになりますよ!

  • 40分
  • 361 Kcal


■おろしポン酢でいただく! 爽やかな味わいの鶏のサクッと「竜田揚げ」

おろしポン酢でいただく! 爽やかな味わいの鶏のサクッと「竜田揚げ」

出典:E・レシピ


竜田揚げにおろしポン酢をかけると、さっぱりといただけます。このレシピで作った、鶏肉の竜田揚げはそのまま食べても十分美味しいです。しかし、おろしポン酢をかけることで、脂っこさが軽減し、爽やかな味わいになります。仕上げに、大根おろしをのせてポン酢をかけ、刻みネギを散らてからいただきましょう。

鶏肉の臭みをしっかり消すためには、鶏肉の余分な脂肪を取り除き、ひとくち大に切った後、下味の材料をまぶして15分ほど置いてくださいね。カラッと揚げた鶏肉の旨味があふれ出す、やみつきになる一品です。スタミナ不足になったときにもオススメ。

詳しい作り方はこちら↓
レシピ
さわやかおろしポン酢でいただく鶏のサクッと竜田揚げ
さわやかおろしポン酢でいただく鶏のサクッと竜田揚げ

カラっと揚がった鶏肉の竜田揚げにおろしポン酢をかけたさわやかな一品。揚げ物もおろしポン酢でさっぱり…

  • 25分
  • 340 Kcal


■夏に無性に食べたくなる、爽やかなカジキとキノコの「レモンソテー」

夏に無性に食べたくなる、爽やかなカジキとキノコの「レモンソテー」

出典:E・レシピ


カジキとキノコのソテーも、レモン汁を加えることで、夏らしい一皿に変身。一度、味わうとハマってしまう美味しさですよ。お好みで、パセリを振ってからいただきましょう。ご飯だけではなく、パンと一緒に食べても◎です。

このレシピを上手に作るコツは、バターを焦がさないように弱めの中火で焼くこと。そうすることで、バターの風味とレモン汁が絶妙に混じり合います。パパッと簡単に作れるので、お弁当のおかずにも最適。ボリュームアップしたい場合は、茹でたブロッコリーやサラダを添えるのも良さそうです。

詳しい作り方はこちら↓
レシピ
カジキとキノコのレモンソテー
カジキとキノコのレモンソテー

カジキを爽やかなレモンの風味でいただきます。

  • 20分
  • 227 Kcal


食欲が落ちたり、夏バテ気味になったときに、レシピに取り入れたいのは、爽やかな味わいの食材や調味料です。料理にひとつ取り入れるだけで、一気に夏らしさがアップしますよ。ぜひお試しください!


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
この記事のライター
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ