愛あるセレクトをしたいママのみかた

スパイシーな食べるスープ「鶏とオクラのトマトスープ」

 

オクラは年間を通して流通していますが、6月~8月が旬の緑黄色野菜。
βカロテンやカルシウム、独特の粘りに含まれるペクチンなどが豊富です。

アフリカ原産のお野菜で、和食だけでなく洋食やエスニックなどにも合う食材です。
トマトとの相性も良いオクラ。
この「鶏とオクラのトマトスープ」は、生クリームのコクとまろやかさがありながらチリパウダーでスパイシーに仕上げた酸味のあるスープで、食欲がわく食べるトマトスープです。

オクラの食感を残したい場合は、仕上げのタイミングで加えると良いですね。

■鶏とオクラのトマトスープ

調理時間 30分 1人分 527Kcal


レシピ制作:保田 美幸



<材料 2人分>
鶏もも肉 1枚
 塩 適量
サラダ油 大さじ1
玉ネギ(みじん切り) 1/2個分
ニンニク(みじん切り) 1片分
オクラ 10~12本
チリパウダー 小さじ1/2~1
ドライパセリ 小さじ1/2
水 300ml
トマトピューレ 150g
生クリーム 大さじ2
塩 適量
レモン 1/4個
パクチー(香菜) 適量

<下準備>
・鶏もも肉は太い筋と余分な脂を取り除き、ひとくち大に切って塩をもみ込む。


・オクラは分量外の塩で板ずりし、水洗いしてヘタを切り落とし、長さ半分の斜め切りにする。レモンは半分のくし切りにする。


平らな所に並べて塩を掛け、手の平で転がしながら繊毛を取ることを板ずりと言います。
<作り方>
1、煮込み鍋にサラダ油を強火で熱し、鶏もも肉の皮面を下にして並べ、焼き色がついたら返し、両面に焼き色をつける。


ここでは鶏もも肉に完全に火を通さなくてOKです。
2、中火にして玉ネギを炒め合わせ、しんなりしたらニンニク、オクラ、チリパウダー、ドライパセリを加えて炒め合わせる。


3、水とトマトピューレを加え、煮たったらアクを取って弱火にし、煮込み鍋に蓋をして20分煮る。


4、生クリームを加え、塩で味を調えて器によそい、レモンを添え、パクチーを飾る。


クスクスを添えても良いですね。


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年10月24日今日の献立

メインは食べこたえのある肉料理。野菜たっぷりの副菜で栄養満点なヘルシー献立!

この記事のライター
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ