大阪ママの激ウマ「お好み焼き」が、市販のミックス粉をつかわず簡単に!

 

関西では、家庭のおかずとしてお好み焼きが登場するのは当たり前。関西以外のエリアでも、「関西風お好み焼き」はかなり浸透しているのではないでしょうか?

ただ、市販のお好み焼き粉を買うと、一度では使い切れず、あまらせてしまいがちです。そこで今回は、市販のお好み焼き粉を使わずにつくる、「我が家のお好み焼き」レシピを紹介します。

(c) happyyuu - Fotolia.com


■お好み焼き生地のつくり方

お好み焼きの生地に欠かせない要素は、「小麦粉」「出汁」「長芋」「卵」の4つ。これをおさえておけば、きちんとおいしいお好み焼き生地になります。
<生地のつくり方>
1.ボールに小麦粉と粉末状のカツオ節を入れ、混ぜ合わせる。
小分けパックタイプのカツオ節を袋のままもむと、簡単にカツオ節粉をつくることができます

2.すりおろした長芋を加えてよく混ぜ、さらに水を少しずつ足しながらよく混ぜて、生地をのばす。
箸で「の」の字を書くと軽くあとが残る程度のかたさが目安です

3.溶きほぐした卵を加えて、生地に空気を含ませるようによく混ぜたら完成。
2と3の間で生地を冷蔵庫に入れて、少し寝かせると、よりおいしい生地に仕上がります。分量は卵1個に対して小麦粉100g、水分(長芋ふくむ)100gが目安。カツオ節粉を入れずに、だし汁で生地を伸ばしてもOKです。

(c) kai - Fotolia.com


■お好み焼きのデキを左右する「混ぜ」

キャベツと生地は、かならず焼く直前に混ぜ合わせましょう。混ぜてから時間が経つと、キャベツからどんどん水分が出てしまい、フワッとした仕上がりになりません。

キャベツはかなり大きめのみじん切り、または太めの千切りにしておきます。分量は、キャベツと生地の重さが同じになるくらいが目安。混ぜるとキャベツから水分が出ますので、「生地が少なすぎるかも?」と思うくらいでOKです。キャベツと生地が少しなじむまで、ボールの底からすくうように混ぜ合わせます。


次ページ :  ■焼き方のコツ&自家製のお好み焼きソース >>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年8月26日今日の献立

ハモの落としに手作りひりょうず。冷酒が合う献立です。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ