魚料理の腕を磨こう! さんまをおいしく食べるプロの技

 


まとめ買いしたさんまが余った場合はどうしたらいいのでしょうか? シンプルな和食の技を川久保さんが教えてくれました。それは「塩水(えんすい)漬け」です。

©sasaken - Fotolia.com


「食べきれなかったさんまは、その日のうちに『塩水(えんすい)漬け』で保存してください。新鮮なものなら『塩水漬け』にすることで4~5日後でも生食できます。多少、身がやわらかくなったさんまでもハリが戻り、くさみも抜けるという作用もあります。ぜひ試していただきたい和食の技です。ちなみに『塩水漬け』にしても、身に塩味はほとんど浸透しません」(川久保さん)

では、川久保さんに教えていただいた「塩水(えんすい)漬け」の方法をご紹介します。

▼さんまの塩水漬け

<材料>
・さんま 2~4匹
・水   1リットル
・天然塩 15g

<作り方>
1. さんまは頭と内臓を除き、水で洗ってキッチンペーパーで水気と汚れをふきとる。

2. 密閉容器に水と塩を入れて混ぜ、さんまを浸し、ふたをして冷蔵庫で保存する。



家庭でも生かしたいプロの技です。日本は世界的にみても、さまざまな種類の魚が食べられる国です。四季折々、豊かな「お魚生活」を楽しみましょう!

取材協力/並木橋なかむら
東京都渋谷区渋谷3‐13-5 イプセ渋谷2階B
営業時間 平日18:00~翌1:00(ラストオーダー23:30)
土・日曜、祝日 17:30~23:30(ラストオーダー22:00)
定休日 第3日曜(1.5.8.12月を除く)
電話 03-6427-9580
http://ameblo.jp/fg-nakamura/
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年8月21日今日の献立

しっかりとした味のイカ飯にサッパリおいしいトマトのスープを含む、ヘルシーな4品!

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ