愛あるセレクトをしたいママのみかた

新しい食べ方発見「梅ダレがけカツオのたたき」で夏の疲れを吹き飛ばそう

 

まだまだ暑い季節が続きますが、夏バテしていませんか。
溜まってしまった夏の疲れには、旬の食材を食べるのが1番です。

8月後半から旬を迎える戻りカツオは、脂が乗っていてとっても美味しいですよね。
カツオは刺身や、ポン酢ベースのたたきでいただくのが主流ですが、今回ご紹介の「梅ダレがけカツオのたたき」は、夏の疲れを吹き飛ばすクエン酸がたっぷり含まれた梅干しを使った特製ダレで作ります。 
カツオと一緒にレタスやキュウリなど、野菜もたっぷり添えてサラダ感覚でいただくのがおすすめですよ。

DHAをはじめ、鉄分やビタミンBも豊富なカツオを食べて、暑い夏の疲れに負けない体を作りましょう!

■梅ダレがけカツオのたたき

調理時間 15分 1人分 149Kcal


レシピ制作:杉本 亜希子



<材料 2人分>
カツオ(たたき) 2~3人分
レタス 1/4個
細ネギ 1/4束
キュウリ 1/2本
新玉ネギ 1/2個
大葉 5枚
<梅ダレ>
 梅干し 1~2個
 酒 大さじ1/2
 作り置き甘酢 大さじ1.5
 しょうゆ 大さじ1/2
<だし溶き片栗>
 片栗粉 小さじ1
 だし汁 80ml

(※)作り置き甘酢の作り方はこちら↓をご参照ください。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/3b255aac9fa973373dc1e70fbe902e60.html

(※)だし汁の作り方はこちら↓をご参照ください。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/16419e06c7dc88fc1ce805529b019425.html

<下準備>
・カツオは幅5mmに切る。


・レタスは長さ4cm位のせん切りにし、冷水に放ってしっかり水気をきり、冷やしておく。

・細ネギは根元を切り落とし、小口切りにして水に放ち、しっかり水気をきる。

・キュウリは長さ4cm位の細切りにして冷水に放ち、パリッとしたらザルに上げる。

・新玉ネギは縦薄切りにして水に放ち、軽くもみ洗いして水気をしっかり絞る。

・大葉は軸を切り落として縦半分に切り、さらに細切りにし、サッと水に放って水気を絞る。

・<梅ダレ>の梅干しは種を取り、包丁でペースト状になるまで叩き、他の<梅ダレ>の材料と混ぜ合わせる。

<作り方>
1、小鍋によく混ぜ合わせた<だし溶き片栗>の材料を入れて中火で熱し、混ぜながらトロミをつける。火を止め、<梅ダレ>を加えてよく混ぜ合わせ、鍋底を氷水につけて冷やす。


2、レタス、細ネギ、キュウリ、新玉ネギ、大葉を混ぜ合わせて器にカツオと共に盛り、<梅ダレ>をかける。


自家製梅ダレは、カツオのたたき以外にも、キュウリの千切りと一緒に冷奴に乗せたり、素麺に絡めて冷麺風に食べたりしても美味しい。残暑にぴったりの一品は、夏の夜の晩酌にもオススメです。




E・レシピで作り方をもう一度チェック↓
レシピ
梅ダレがけカツオのたたき
梅ダレがけカツオのたたき

野菜もたっぷり添えてサラダ感覚で召し上がれ!

  • 15分
  • 149 Kcal

関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年10月27日今日の献立

とにかくお手軽、楽チンに出来る献立で、週の半ばを乗り切りましょう。

この記事のライター
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ