愛あるセレクトをしたいママのみかた

春に食べたい「メバルの煮付け」

 

春から初夏が旬のメバルは、「春を告げる魚」とも言われていて、海釣りで代表的な魚で、日本中どこでも獲れる近海魚として釣り人に人気のある魚です。

メバルはクセがなく淡泊な味わいでやわらかく、うまみがあります。
煮る・焼く・揚げる・刺身どれでも美味しいですが、一番おすすめなのはやはり”煮付け”ですね。
甘辛く煮るとごはんが進むこと間違いなし。

タケノコとの相性も抜群です。
今日は「メバルの煮付け」で春を感じる食卓にしてみませんか。

■メバルの煮付け

調理時間 30分 1人分 320Kcal


レシピ制作:中島 和代/杉本 亜希子



<材料 2人分>
メバル 2尾
 竹皮(あれば) 1~2枚
水煮タケノコ(小) 1本
木の芽 適量
<調味料>
 酒 150ml
 みりん 大さじ4
 砂糖 大さじ2
 しょうゆ 大さじ4
 ショウガ 2片

<下準備>
・メバルはウロコをこそぎ、エラぶたを開けてエラを取り除く。裏側の腹に切り込みを入れてワタを取り出し、中を水洗いする。身の厚い部分(両面)に切り込みを入れる。


・竹皮は熱湯につけて柔らかくなったら、縦に2~3本切り込みを入れる。

・水煮タケノコはかたい部分と、穂先の柔らかい部分に切り分ける。穂先は縦2~4つに切り、根元のかたい部分は食べやすい大きさのイチョウ切りにする。

・<調味料>のショウガの2/3量は皮をむき、薄切りにする。残りは飾り用に皮をむいてせん切りにし、水に放って水気を絞る。

<作り方>
1、鍋に<調味料>の材料、分量外の水200ml(2人分)を入れて強火にかける。竹皮にメバルの表側(盛りつけたときに上になる側)を上にして並べる。竹皮ごと煮たった鍋に入れる。


2、再び煮たったら中火にし、4~5分煮て時々だし汁を全体にかけ、メバルの表面をかためる。竹皮をメバルを包むように折り曲げ、落とし蓋をして15分煮る。


煮汁が落とし蓋にあたって、鍋全体に広がらない場合(煮汁が少ない場合)は水を足してください。
3、水煮タケノコを加え、再び煮たったら落とし蓋をしてさらに5~6分煮る。バットなどに竹皮ごと取り出し、器にタケノコと共に盛り付け、煮汁をかける。ショウガをのせ、木の芽を添える。


コツ・ポイント
・木の芽は手のひらにのせ、空気でポンとたたいて香りをたてると、よりおいしさがアップします。
タケノコ以外に、ワカメやゴボウなど春の食材と煮るのも美味しいですね。


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ