愛あるセレクトをしたいママのみかた

新ゴボウをパスタでお洒落に! 「鶏と新ゴボウのペンネ」

 

春の根菜、新ゴボウが出まわる季節になりました。
香りがよくて、歯ごたえが柔らか。
しかも下ゆでをしなくても短時間で火が通る新ゴボウは、煮物やきんぴらなどの和食の具材だけでなく、サラダやポタージュなどの洋食メニューにも使える人気の根菜です。
今回は鶏肉と一緒に煮込むパスタ料理をご紹介します。
最後に加えるペンネは、かためにゆでてからソースと煮込むことでパスタそのものに味がつき、ソースや具材の味とよくなじみますよ。

■鶏と新ゴボウのペンネ


レシピ制作:保田 美幸



<材料 2人分>
鶏もも肉 1枚
 塩 適量
新ゴボウ 1/2~1本
玉ネギ(大) 1/2個
ニンニク(みじん切り) 1片分
<スープ>
 白ワインまたは酒 大さじ5
 水 200~300ml
 ローリエ(あれば) 1枚
 塩 小さじ1/2
オリーブ油 大さじ1
ペンネ 100g
 ゆでる塩 小さじ2
粉チーズ 適量
粗挽き黒コショウ 適量
ドライパセリ 適量
EVオリーブ油 適量

<下準備>
・鶏もも肉は太い筋と余分な脂を取り除き、ひとくち大に切って塩をまぶす。

・新ゴボウはひとくち大の乱切りにして水に放つ。


・玉ネギは縦薄切りにする。

<作り方>
1、鍋にオリーブ油を強めの中火で熱し、鶏もも肉を炒める。肉の色が変わったら新ゴボウを加えて炒め合わせる。


2、玉ネギ、ニンニクを加えてしんなりするまで炒め合わせる。


3、<スープ>の材料を加え、煮たったら弱火にしてアクを取り、鍋に蓋をして30分煮る。


<スープ>の水は具がヒタヒタになるまで注いでください。
4、ショートパスタを塩ゆでし、表示の時間より2分短くゆでて(3)の鍋に移し入れ、中火~強火で煮からめる。


アルデンテがお好みの方は強火で、柔らかめがお好みの場合は中火で柔らかくなるまでゆっくり煮からめてくださいね。
5、煮汁が少なくなったら器に盛り、お好みで粉チーズ、粗挽き黒コショウ、ドライパセリを振り、EVオリーブ油をかける。

鶏と新ゴボウの風味を活かした淡白な味わいなので、味のアクセントに粉チーズや粗挽き黒コショウ、ドライパセリやEVオリーブ油をお好きなだけかけて召し上がってください。




※ワインの量は、お子さまの年齢に合わせて、調節しながら使ってください。
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年10月21日今日の献立

ボリューム満点の丼に、ヘルシーな副菜、お手製のデザート、サッと出来上がる献立です。

この記事のライター
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ