日本の行事食を洋風にアレンジ! 「七草ミルクリゾット」

 

日本には1月7日に七草粥を食べる風習があります。
七草粥とは春の七草(なずな・はこべら・ごぎょう・せり・すずな・すずしろ・ほとけのざ)でお粥を作り、お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり食べるもの。

青菜が不足しがちな冬場の栄養補給をする効用もあり、この日に七草粥を食べることで無病息災を願うようになったと言われています。

春の七草は少しクセがあるものが多いので、苦手な方はミルクリゾットにすると食べやすくなりますよ。
七草粥を洋風にしてみませんか?

■七草ミルクリゾット

調理時間 30分 1人分 391Kcal


レシピ制作:金丸 利恵



<材料 2人分>
お米 100g
ベーコン 2~3枚
玉ネギ 1/4個
ニンニク 1/2片
オリーブ油 大さじ1
七草がゆセット(市販品) 1パック
水 400ml
牛乳 100ml
粉チーズ 大さじ2
塩 少々
粗びき黒コショウ 少々
オリーブ油 小さじ1

<下準備>
・ベーコンは幅1cmに切る。玉ネギとニンニクはみじん切りにする。


・七草がゆセット(なずな・はこべら・ごぎょう・せり・すずな・すずしろ・ほとけのざ)は、サッと水洗いして細かく刻む。


<作り方>
1、鍋にオリーブ油大さじ1と玉ネギ、ニンニクを入れて中火で炒める。


2、玉ネギが透き通ってきたらベーコンを加え、脂が出るまで炒め、お米を加えて全体を炒め合わせる。


3、水を注いで強火にし、混ぜながら煮る。沸騰したら中火にし、10~12分程度煮込む。

焦げ付かないように、度々かき混ぜるようにしましょう。お米に火が通る前に水分がなくなってしまったら、少しずつ足してください。
4、牛乳と粉チーズ、七草がゆセットを加え、混ぜながら煮る。塩で味を調えたら器に盛り、粗びき黒コショウを振る。仕上げにオリーブ油小さじ1をかける。


コツ・ポイント 
七草がゆセットが手に入らないときは、カブや大根の葉をみじん切りにして代用できます。
春の七草に限らず、7種類の野菜を入れて作る地方もあるそうです。ほうれん草、三つ葉、ねぎなどお好みの青菜で作るのも良いですね。


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年1月21日今日の献立

手作りのクラッカーはスープに浸しても、カルパッチョをのせて食べてもおいしいです。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ