食欲が減退しがちな暑い季節のお助けメニュー 「イワシの南蛮漬け」

 

南蛮漬けといえば、定番のおかずの一つですよね。さっぱりとヘルシーにいただける嬉しいメニューです。色々な食材で作れますが、今回はイワシを使った南蛮漬けをご紹介します。夏場の食欲がないときや、常備食としてもぴったりですよ。

カラっと揚がったイワシと南蛮酢の組み合わせが絶品。食材をたくさん使っているため、食感の豊かさが増して、とってもおいしくいただけます。イワシを片栗粉につける前に、塩コショウでしっかり下味をつけておくのがおいしく仕上げるポイントです。

揚げ物などボリューミーなおかずもさっぱりといただける南蛮漬け。食欲減退しがちな夏場のスタミナメニューといえそうですね。漬け込む野菜もお好みで、アレンジしても楽しそうです。ぜひ試してみてくださいね。

■イワシの南蛮漬け

調理時間:20分 +漬ける時間 1人分 560 Kcal


レシピ制作:管理栄養士、料理家 杉本 亜希子



<材料 2人分>
イワシ 14~15尾
 塩コショウ 少々
 片栗粉 適量
ニンジン 1/4本
玉ネギ 1/4~1/2個
ピーマン 1~2個
<南蛮ダレ>
 作り置き甘酢 80~100ml
 だし汁 100ml
 しょうゆ 大さじ1
揚げ油 適量

(※)だし汁の作り方はこちら↓をご参照ください。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/16419e06c7dc88fc1ce805529b019425.html

(※)作り置き甘酢の作り方はこちら↓をご参照ください。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/3b255aac9fa973373dc1e70fbe902e60.html

<下準備>
・イワシはウロコを取って頭を落とし、腹を斜めに切る。ワタを出して分量外の塩水で洗う。親指の腹を骨に添わせ、頭側から尾に向かって滑らせるように身をはがし、尾の付け根で骨を折り、身を押さえながら骨を頭に向かってはがすように取り、塩コショウを振る。


・ニンジンは皮をむき、せん切りにする。玉ネギは縦薄切りにする。ピーマンは縦半分に切って種とワタを取り除き、縦細切りにする。バット等に<南蛮ダレ>の材料を混ぜ合わせる。揚げ油は170℃に予熱し始める。


<作り方>
1、170℃の揚げ油に、薄く片栗粉をまぶしたイワシを入れて揚げる。


2、温かいうちに<南蛮ダレ>のバットにニンジン、玉ネギ、ピーマンと共に入れて漬ける。何度か<南蛮ダレ>が全体にからまるように返す。


3、味が馴染んだら、<南蛮ダレ>ごと器に盛る。

最低30分は漬けておきましょう。
火を通した具材を熱いうちに南蛮ダレに漬け込むと、味がよく沁みておいしく仕上がります。具材を焼いたり揚げたりする前に、タレを用意しておくようにしましょう!


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年7月21日今日の献立

トビウオを塩焼きに! 山椒の香りが広がるモヤシ炒めを添えた、ヘルシーなメニューが勢揃い!

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ