きゅうりの代わりに「アスパラでバンバンジー」

 

栄養士という職業柄、ついつい「栄養が摂れるごはんにしたい!」と思ってしまいます。

そこで、定番料理を一工夫。
バンバンジーには、きゅうりを使うのが一般的ですが、これをアスパラにアレンジ。

なぜなら、アスパラはきゅうりよりも8倍の葉酸を含むのです。


葉酸というと、妊婦さんに必要な栄養素というイメージがあるかもしれませんね。
実際、葉酸は胎児の障害(神経管閉鎖障害)のリスクを下げる働きが認められているため、国も妊活されている方や妊婦さんに対して”積極的に葉酸をとりましょう”と働きかけています。

葉酸は、実は妊婦さんばかりでなく、男女ともに、普段の生活においてとても大切なのです。
正常な細胞をつくるために欠かせない成分なので、不足をすると乳幼児であれば発育不足になったり、大人であれば細胞分裂が活発な粘膜の異常(口内炎や胃や腸に潰瘍ができる、下痢など)として現れることがあります。

アスパラをあまり薄切りにすることはないかもしれませんが、見た目も食感もきゅうりと変わらない仕上がりです。
また、葉酸だけでなく、アスパラにはアスパラから発見されたアスパラギン酸という疲労回復作用がある成分も含まれるので、栄養がかなりアップしますよ!

■アスパラでバンバンジー


レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料 2人分>
鶏ささみ 1~2本(80g)  
A塩 少々  
A酒 小さじ1
アスパラ 3本(50~60g)
トマト 1個  
B練りごま 小さじ2  
B醤油、酢、ごま油 各小さじ1  
B砂糖 小さじ1/2

<作り方>
1、鶏ささみは耐熱容器に入れ、Aをかける。ラップをし、600Wの電子レンジで約1分20秒加熱し、そのまま置いておく。粗熱がとれたら手でさき、汁とからめておく。

2、アスパラは根元1/3の皮をピーラーでむく。ラップで包んで600Wの電子レンジで約50秒加熱し、ななめ薄切りにする。

3、トマトは薄い半月切りにする。

4、器にトマト、アスパラ、鶏ささみの順に盛り付け、合わせたBのたれをかける。

だんだん暑くなってくるので、さっぱりヘルシーに栄養がたくさん摂れるお料理を作ってみてください。


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年12月16日今日の献立

お肉をたっぷり詰めたメインに、野菜がいっぱい食べられる副菜です。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ