粒マスタードが隠し味! 濃厚肉みそがおいしい「カブの肉みそがけ」

 

冬の代表的な根菜「カブ」。
サラダや浅漬けなど生でも食べられますが、短時間で火が通るので、なにかもう一品温かい料理を作りたいというときにもうってつけの食材です。

少なめの水で蒸し焼きにした甘いカブに、濃いめの肉みそをのせれば、ごはんが進むおかずの完成。
粒マスタードが入った肉みそは、大根などやその他の野菜、豆腐などにかけてもおいしいです。
まとめて作って冷凍ストックしておくと便利ですよ。

■カブの肉みそがけ

調理時間 20分 1人分 247 Kcal


レシピ制作:料理家 保田 美幸



<材料 2人分>
カブ 小2個
水 大さじ3
豚ひき肉 100g
オリーブ油 小さじ2
<調味料>
 酒 大さじ1
 砂糖 大さじ1
 みそ 大さじ2
 粒マスタード 大さじ1
 水 大さじ1

<作り方>
1、カブは葉がついている場合は葉を切り落とし、皮を厚めにむき、縦半分に切って1個を8つのくし切りにする。カブの葉は水洗いして水気をきり、長さ4cmに切る。<調味料>の材料は合わせておく。


2、フライパンにカブ、あったらカブの葉、水を入れて蓋をする。中火にかけて蒸し煮し、途中で水分がなくなってきたら分量外の水を少量加え、柔らかくなるまで加熱する。


3、別のフライパンにオリーブ油を入れて熱し、豚ひき肉を炒める。肉の色が変わったら<調味料>を加えて炒め合わせる。


4、器にカブ、あったらカブの葉を盛り、(3)の肉みそをかける。


カブの葉はじつは茎(白い部分)より栄養豊富。残ったら、さっとゆでて和え物にしたり、みそ汁の具にしたり、細かく切ってかつお節や白ゴマと一緒にゴマ油で炒め、ふりかけなどにして美味しく使い切ってくださいね。
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年5月20日今日の献立

サワラの塩焼きに切干し大根の煮物。ゆっくり味わいたい、和献立。

この記事のライター
ピックアップ
杉本節子のおうちフレンチ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ