酸っぱ辛ウマ!? トマト×福豆!? 余った節分の豆で作る、激ウマごはん2品

 

無病息災を祈る豆まき。節分にまく福豆は、魔目を射って封じ込めるところから、炒り(射る)大豆が用いられます。オイルも塩も使っていないので、実は料理にも使いやすい食材。

今回は、余ってしまった節分の豆で作る、激ウマレシピを2品紹介します。どちらも、放っておくだけのレシピだから簡単ですよ。



■福豆とミニトマトの洋風炊き込みごはん

材料をあわせて炊くだけ! 包丁の出番がほとんどないので、思い立ったらすぐ作れます。ミニトマトの味がアクセントに。


<材料>※米2合分
白米 2合
炒り大豆(福豆) 40g
ミニトマト 8個
にんにく(薄切り) 1かけ分
オリーブオイル 大さじ1
固形スープの素 1個
桜えび(乾燥) 20g
バジル(乾燥) 適量


<作り方>
1、米は洗ってざるにあげて水気をきる。

2、炊飯器の内釜に、2合の線まで水を入れてから大さじ2強の水を抜く。

3、ミニトマトのへたをとって並べ、炒り大豆、にんにく、オリーブオイル、刻んだ固形スープの素を入れて普通に炊く。



4、炊き上がったら桜えびを加え、さっくりと混ぜて蒸らす。

5、器に盛り、バジルをふる。


子どもも食べやすい味の炊き込みごはんのできあがりです。

ミニトマトは小ぶりのうまみの強いタイプがおすすめ。まるでドライトマトのようなコクがでます。炊き上がったごはんの水分が少しくらい多くても、包容力のある桜えびが吸ってくれますよ。

桜えびとミニトマトのうまみは、オリーブオイルがまとめ役に。冷めてもおいしいので、お弁当にもおすすめです。

コンソメ味のごはんに、炒り大豆の歯触りを感じ、満足感があります。よく噛んでしみじみ味わうごはんです。


もう1品、漬けるだけでできる、酸っぱ辛ウマな福豆レシピを紹介しましょう。




次ページ :  「福豆とちりめんじゃこの酢漬け」の作り方 >>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年8月20日今日の献立

家族でワイワイ楽しむ献立です。ホットプレートが大活躍の週末メニューです。

この記事のライター

ピックアップ

最新の おいしい!

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.