愛あるセレクトをしたいママのみかた

“煎茶のリゾット”!? 緑茶の栄養を残さずいただくレシピ

 

日本でお茶といえば緑茶。普段何気なく飲んでいるけれど心と体に嬉しい成分がたっぷりの飲み物だということをご存じですか?実は茶種もさまざまあり、味わいも栄養成分にも個性が。毎日にそっと寄り添う緑茶の健康力にフォーカスします。緑茶の主な健康成分
・カテキン類…お茶の苦味・渋味のもとになる主成分でポリフェノールの一種。エピガロカテキンガレート(EGCg)やエピガロカテキン(EGC)など主に4種類を含む。抗酸化、抗炎症作用、肥満予防、殺菌、腸活、虫歯・口臭予防などの働きが。被覆栽培の茶種はやや少なめ。・テアニン…お茶特有の旨味・甘味の成分で、アミノ酸の一種。脳の神経細胞に働きアルファ波を増加させ、リラックス効果をもたらしてくれる。また、カフェインの作用を抑える働きがあるので、覚醒効果も穏やかに。日光を遮って栽培する玉露やかぶせ茶に多く含まれる。・ケルセチン…玉ねぎに多く含まれるフラボノイド系成分で、血液サラサラ効果で知られる。緑茶の含有量は玉ねぎの5分の1ほどだが、お茶は手軽に摂取できるのがメリット。緑茶の中では煎茶に多く含まれ、被覆栽培の茶種では少なくなる。お湯でも水でも抽出されやすい。
次ページ :  ・カフェイン…疲労回復や覚醒効果、利尿作用がある成分で…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2021年5月12日今日の献立

炊き込みご飯だけでも食が進みますが、煮物や炒め物でさらにご飯が進みそうです。

最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ