愛あるセレクトをしたいママのみかた

いいことだらけ? 人気の「ほうじ茶」の健康作用

 

数年前からのほうじ茶ブームは、まだまだ健在。

ほうじ茶の特徴は、香ばしい香りや緑茶に比べて渋みが少ないこと。また和素材としての安心感も手伝い、コロナ禍で売り上げが伸びているそう。

そんなほうじ茶の最大のポイントは、香りです。


ほうじ茶には200種類以上の香り成分が含まれていますが、中でも特徴的な香り成分はピラジンというものです。ピラジンはほうじ茶を作る過程で行われる焙煎によって大きく増加します。

ほうじ茶と緑茶を比較したある調査によると、緑茶よりほうじ茶を飲んだほうがリラックスができ、ストレスが軽減する傾向がみられたとのこと。

さらにリラックス効果だけではなく、脳の機能が高まり、集中力がアップするということもわかりました。

さらにこのピラジンには、血液をサラサラにする作用も期待できます。温かいほうじ茶を飲めば、冷え予防にも役立つでしょう。

ちなみにカフェインについては、量はコーヒーの半分以下です。

つまりほうじ茶は、ストレス社会に暮らす私たちの心身を癒してくれる飲み物といっても過言ではないはず。

今回は、人気の高い「ほうじ茶ラテ」をご家庭で作る方法をお伝えします。

「ほうじ茶ラテ」はほうじ茶と牛乳の組み合わせで作りますが、ほうじ茶の分量を多くするとすっきりとした味わいに、牛乳の分量を多くするとクリーミー感を味わえます。

今回は、前者のお茶の味わいをより感じられる方を。

■ほうじ茶ラテ

ほうじ茶ラテ

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料 2人分>
ほうじ茶葉 10g
水 300ml
牛乳 100ml
砂糖 大さじ1~
シナモン(お好みで) 少々

<作り方>
1、小鍋に水とほうじ茶葉を入れて火にかけ、沸いたら火を止めて2~3分蒸らす。

2、牛乳、砂糖を加えて火にかけ、沸騰寸前で火を止め、漉しながらカップに注ぐ。

3、お好みでシナモンを振りかける。

割合はほうじ茶:牛乳=3:1なので、もしクリーミー感を求めるなら牛乳:ほうじ茶を3:1の逆の割合にすれば作れますよ!


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2021年4月18日今日の献立

沖縄料理のソーキソバやしりしり、てんぷらを作りやすい材料でアレンジしました。

この記事のライター
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ