愛あるセレクトをしたいママのみかた

あっさりだけど、ごはんがすすむ! 「魚介とアスパラの塩炒め」

 

とろりとした、あっさり味の「魚介とアスパラの塩炒め」はごはんとの相性抜群。
具だくさんで彩りも美しく、華やかな炒め物です。
アサリや鶏がらスープのうまみも加わり深みのある味わいに仕上がります。

メイン食材はサワラ。
クセがなく白身魚のように見えますが、実は赤身魚の分類。

俳句でも”春”の季語となっている”春の魚”ですが、地域によっては冬が旬でもあります。
春のサワラはさっぱりで身が柔らかく、炒め物にぴったりですよ。

■魚介とアスパラの塩炒め

調理時間 25分 1人分 268Kcal



<材料 4人分>
サワラ 4切れ
 小麦粉 大さじ1
アサリ(砂出し) 200g
グリーンアスパラ 6本
赤パプリカ 1/2個
ニンニク 1片
ショウガ 1片
玉ネギ 1個
塩 小さじ1
<スープ>
 顆粒チキンスープの素 大さじ1
 水 200ml
 白ワイン 大さじ3
<水溶き片栗>
 片栗粉 大さじ1.5
 水 大さじ3
サラダ油 大さじ2
イタリアンパセリ 適量

<下準備>
・サワラは1切れを2~3つに切り、全体に薄く小麦粉をつける。


・アサリは分量外の薄い塩水につけ、殻どうしをこすり合わせて洗い、ザルに上げる。

・グリーンアスパラは根元の固い部分を切り落とし、ハカマをピーラー等で削ぎ、長さ4cmに切る。

・赤パプリカはひとくち大に切る。

・ニンニク、ショウガは皮をむき、みじん切りにする。

・玉ネギは縦半分に切って6~8つのくし切りにする。

<作り方>
1、中華鍋にサラダ油、ニンニク、ショウガを入れて中火で炒める。香りがたったらサワラを焼き色がつくまで焼き、いったん取り出し、玉ネギを加えて炒める。


2、玉ネギに火が通ったら塩を加えて混ぜ、アサリ、グリーンアスパラ、<スープ>の材料を加える。


3、煮たったらサワラ、赤パプリカを加え、再び煮たったら<水溶き片栗>をまわし入れて大きく混ぜる。トロミがついてきたら器に盛り分け、イタリアンパセリを飾る。


焼きそばにのせても良いですね。




※ワインの量は、お子さまの年齢に合わせて、調節しながら使ってください。
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年10月25日今日の献立

中華メニューの日! 副菜はクリーミーとサッパリとした味の組み合わせです。

この記事のライター
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ