お弁当にもぴったり!「鮭のバタポン炒め」

 

最近の我が家のマイブームおかずは、バターとポン酢だけで味付けをするバタポン炒め。
塩などをしなくても、この2つの調味料だけでちゃんと味がつきます。
そして、これを作るときは必ず多めに作って、翌日のお弁当のおかずに。

今回は鮭で作っていますが、お子さんがいらっしゃるご家庭にこそ鮭がおすすめ。
鮭はいろいろな栄養素を含む健康食材とされていますが、とくに注目したいのが、ビタミンDという成分を効率よくとれること。

ビタミンDはカルシウムと並び、骨の健康に欠かせない栄養素になります。
カルシウムをたくさん摂っても、ビタミンDが不足していると、残念ながら丈夫な骨は作られません。
また免疫力アップにもかかわるため、元気にすくすく育つためにビタミンDはとても大切になります。

しかしこのビタミンDは他の栄養素とはちょっと違い、日光を浴びると体の中で自動的に作られるという特長があります。
ですから、外で思い切り遊ぶ昔の子供たちはビタミンDが不足することは少ないとされていましたが、今の子どもは外で遊ぶ機会が減っているため、不足している割合が多いといわれています。

その点、鮭は、ビタミンDをとりやすい代表食材!
またビタミンDは油と合わせると吸収率が高まるので、バターと合わせるバタポン炒めはとってもおすすめです。

写真では、ビタミンDと相性の良い、カルシウムの多いルッコラを切ったものを付け合わせています。
お弁当の場合には、衛生面で生野菜より加熱をした野菜の方が望ましいので、野菜の胡麻和えとの組み合わせがおすすめです。

今回のお弁当は、スナップエンドウの胡麻和えで。
緑の野菜に含まれるカルシウムと、胡麻のカルシウムをダブルでとることができ、鮭のバタポンと合わせて骨太弁当の完成です!

■鮭のバタポン炒め


レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料 2人分>
生鮭 2切れ
片栗粉 適量
ポン酢 大さじ1・1/2
バター 5g

<作り方>
1、鮭は2-3等分にし、片栗粉をまぶす。
2、バターを熱したフライパンで1を両面焼き、ポン酢を入れてからめる。

簡単なのにしっかりカルシウムがとれる、鮭のバタポン。是非作ってみてください。


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年5月23日今日の献立

アジの煮付けにトマトとチーズのおかか和え。ヘルシー食材を使った献立です!

この記事のライター
ピックアップ
杉本節子のおうちフレンチ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ