トロッとした黄身が濃厚!「冷凍卵」の月見つくね

 

こんな使い方があったなんて! と目からうろこのこのレシピ。なんと卵を殻のまま、丸ごと冷凍しちゃうのです。冷凍時間とつくねのタネを冷やす時間等を除けば、調理時間は20分程度で完成です。

冷凍した卵は濃厚! トロッとした黄身がつくねに絡んでよく合います。
秋の夜長のお月見レシピとしていかがでしょうか。

■冷凍卵の月見つくね

調理時間 20分 +冷やす時間 357 Kcal


レシピ制作: 管理栄養士、調理師  岡本由香梨



<材料 2人分>
鶏ひき肉(もも) 150~200g
 塩コショウ 適量
 卵白 1個分
玉ネギ 1/4個
<調味料>
 みそ 大さじ1/2
 小麦粉 大さじ1
<つくねタレ>
 酒 大さじ1
 みりん 大さじ1
 砂糖 大さじ1
 しょうゆ 大さじ2
卵(冷凍) 2個
サニーレタス 2枚
プチトマト 2個

<下準備>
・玉ネギはみじん切りにする。卵は1つずつ殻のまま、ラップに包んで冷凍する。完全に凍ったら、流水にあてながら皮をむく。半解凍し、黄身と白身に分ける。サニーレタスは食べやすい大きさにちぎる。


玉ネギは50gを目安にしています。



<作り方>
1、ボウルに鶏ひき肉と塩コショウを入れ、粘り気が出るまで手早くしっかりと混ぜる。冷凍卵の白身だけを入れ、さらに混ぜる。


冷凍卵の白身は半解凍で混ぜると、ふっくら柔らかいつくねになります。



2、(1)に玉ネギと<調味料>の材料を加えて混ぜ、冷蔵庫で30分~1時間ほど休ませる。


3、手に分量外のサラダ油を少量ぬり、2等分にした(2)を小判型に整える。中心に卵黄を入れるくぼみを深めに作る。


焼くとくぼみが膨らむため、深めにくぼみを作りましょう。



4、フライパンに分量外のサラダ油をひき、(3)を焼く。初めは強火で焦げ目がつくまで焼き、弱火にし、蓋をして中まで焼く。器に取り出す。


5、(4)のフライパンに<つくねタレ>の材料を入れ、中火にかける。フツフツとしてきたら、トロミがつくまで火にかけタレを作る。


焦げる直前まで煮詰めると肉とからみやすくなります。



6、器にサニーレタスを広げてつくねをのせ、タレをかける。くぼみに冷凍卵の黄身をのせる。


ポイントは、冷凍卵の白身を半解凍の状態でお肉と混ぜること!つくねがふっくらと柔らかくなりますよ。


関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年9月19日今日の献立

お店とはひと味違うしっとりチャーハンに、よく合うおかずとスープをプラスして。

この記事のライター
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.